日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

フランスの出生動向と家族政策−少子・高齢化に関する国際研究−

 事業名 高齢化社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


第3章 フランスの家族

 

1. 近代的家族の誕生

 

フランスの中世においては、家族は血や名前や財産の継承のために存在し、子だくさんは神の恵みであると考えられていた。キリスト教神学では、産児制限=避妊、男女の婚姻外関係(内縁関係、姦通、近親相姦など)、オナンの行為(オナニスムの語源)は罪悪の行為である。キリストによって秘蹟の尊厳まで高められた婚姻は、本質的には姦淫に対するひとつの救済措置であり、婚姻の主要な目的は生殖であって、夫婦相互の幸福は副次的な目的に他ならなかったともいえよう。聖パウロは「情に燃えるよりは結婚する方がよい」と書いている。婚姻関係においても、性行為とともに、そこから必然的に生まれてくる「愛」をどのように規定するかは、古くからカトリシズムのなかで論議の対象となっていたテーマである。

しかし17世紀、18世紀を境として、フランスの男女関係には生殖とは区別される、いわば性愛とも呼ぶべき新しい機能が結晶してくる。赤ん坊を農村の乳母に預ける習慣や都市部の捨て子が乳幼児の死亡率を異常に高くしていたために、人々の間に育てるのに適当な子どもの数という考え方が生まれてきた【注3-1】。18世紀中頃には、哲学者、医師、政治家たちは、母親の役割や母乳育児の必要性について多く語るようになる。啓蒙思想家ルソーは著書『新エロイーズ』(1761年)の中で、始めて母親愛の規範を示した。裕福な家庭では、しだいに乳母を自宅に呼び寄せて子どもの世話をさせるのが一般的になり、近代の家族像ができあがる。19世紀のフランスの作家たちは、これまで未知のものだった宝物を発見したかのように母性をほめ讃える作品を発表した。今日のフランスでいわれる「伝統的な家族」の姿は19世紀に誕生したといえる。

しかしルソーの思想に代表される近代的な家族の規範は、男女の性別をはっきりと分け、男性の統制下におかれた良き妻のモデルを示すものであった。1804年に定められた民法(ナポレオン法典)でも、妻には法的な権利が全く認められていない。子どもたちは、父親が絶大な権力を持つ家庭で、両親には絶対服従の厳しい躾けを受ける。都市部の乳幼児が農村の乳母にあずけられる習慣も1840年頃までは盛んに行われており、戦前のフランスでもまだ里子の風習は残っていた。

ようやく20世紀になってから、女性たちの権利獲得の動きが活発になり、徐々に民法は妻や子どもの権利を守るべく改正されていった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
130,243

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.札幌市高齢移動者実態調査研究報告書
2.21世紀・高齢社会における横浜市民の生活環境に関するモデル調査研究報告書
3.東アジア地域高齢化問題研究−都市の少子高齢化と高齢化社会対策シリーズ?T−
4.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
5.「高齢化社会対策推進のための調査研究等」の報告書
6.「交通安全母の会による地域の交通安全活動の手引き」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から