日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

フランスの出生動向と家族政策−少子・高齢化に関する国際研究−

 事業名 高齢化社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


第2章 フランスの出生動向

 

1. 近代の出生動向

 

大革命直前のフランスは、ロシアを除けばヨーロッパ諸国の中で最も人口が多い国であった【注2-1】。ルイ16世統治下(1754年-1793年)には、人口1,000人当たりの出生数はおよそ37人で、毎年90万から100万人の子どもが生まれていた。これほど高い出生率は今日では第三世界にしかみられない。

このフランスの豊かな出生率には1770年頃から減退の兆しが見えてくる。それでも人口1,000人当たり、1796年から1800年は約35人、1801年から1805年には32人強、1805年から1815年には32人弱の子どもが生まれていた。これだけの出生力があれば、戦争が多い時代であったにも係わらず人口は増加した。ナポレオン(在位1804-15年)は「私には年に30万人の人的収入がある」と言っている。彼がヨーロッパを制覇できたのは、当時のフランスの人口が他国を大きく凌いでいたからでもある【注2-2】。

フランスでは、他のヨーロッパ諸国より一世紀早く産児制限がおこなわれるようになったといわれる。記録によると、フランスでは、17世紀には上層階級に、18世紀初頭にはパリ周辺の限られた農村部に産児制限の進展がみられる。18世紀当時のフランスの人口の8割近くは農業人口であったが、可耕地の収穫率に対して人口は過剰であった。この問題を解消するためには、農業生産性を改善するか、移住を奨励するかしなければならない。しかし輪作技術はまだ存在しなかったし、フランス人は祖国を離れることを嫌った。堕胎は殺人と同等に見做される時代である。従って子どもの数を減らすためには、結婚するのを遅くしたり(女性は25歳、男性は30歳ころに結婚することが多かった)、避妊を行うようになったのである。

フランスで産児制限がおこなわれるようになったのは、フランス革命によって国民のキリスト教に対する信仰が薄れたことを原因とするのが一般的な解釈である【注2-3】。また子どもを乳母に育てさせる習慣が乳幼児死亡率を非常に高くしていたために、子どもの死に責任を感じるようになった親たちの間に、育てるのに適当な子どもの数という新しい考え方が芽生えてきたことが原因であるとも考えられる。

フランスでは古くから赤ん坊の授乳を乳母にさせる習慣があった。中世の領主の家では、子どもは生まれるとすぐに乳母にゆだねられた。妻は授乳をしないことによって容姿を保ち、より早く次の妊娠に備えることができたからである。近世には、都内の職人や労働者階級などの家庭でも、妻が働いているために赤ん坊に乳を与え

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
130,317

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.札幌市高齢移動者実態調査研究報告書
2.21世紀・高齢社会における横浜市民の生活環境に関するモデル調査研究報告書
3.東アジア地域高齢化問題研究−都市の少子高齢化と高齢化社会対策シリーズ?T−
4.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
5.「高齢化社会対策推進のための調査研究等」の報告書
6.「交通安全母の会による地域の交通安全活動の手引き」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から