日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

フランスの出生動向と家族政策−少子・高齢化に関する国際研究−

 事業名 高齢化社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


・外国人女性の合計特殊出生率の平均はフランス人女性より高く、全体としての出生率低下の歯止めとなっている。

 

注記

 

【注1-1】

外国人人口とは、フランス本土内に居住するが、フランス国籍は持たない人口である。外国人人口3,597,000人(1990年)のうち、外国で生まれた者の人口は2,858,000万人、海外領土も含めたフランス国土内で生まれた者の人口は739,000万人である。外国人人口は必ずしも移民人口ではない。移民とは、外国で生まれた者が長期間(多くの場合は一生の間)フランスに居住する者を指す。1990年の移民人口は、フランス国外で生まれた外国人2,858,000人に、フランス国籍を獲得した外国人1,308,000人(フランスで生まれたことにより国籍を獲得した者は含まない)を加えた4,166,000人である。なおフランス籍を獲得した外国人(1,777,955人)が総人口に占める割合は3.1%である(1990年)。

【注1-2】

フランスでは、1801年から5年毎に国勢調査が行われるようになった。これは第二次世界大戦まで続く(ただし1871年の国勢調査は1972年に持ち込まれ、1916年と1941年は戦争によって実施されなかった)。戦後は8年毎となったが(1946年、1954年、1962年)、最近では1968年、1975年、1982年、1990年に行われている。

【注1-3】

1775年から1816年の間に、20歳以下人口は42.8%から41.2%に下がり、60歳以上人口は7.3%から9.4%に上昇した。19世紀に顕著になる人口の老齢化は、すでにこの時代に始まっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
96位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
130,243

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.札幌市高齢移動者実態調査研究報告書
2.21世紀・高齢社会における横浜市民の生活環境に関するモデル調査研究報告書
3.東アジア地域高齢化問題研究−都市の少子高齢化と高齢化社会対策シリーズ?T−
4.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
5.「高齢化社会対策推進のための調査研究等」の報告書
6.「交通安全母の会による地域の交通安全活動の手引き」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から