日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

バタフライに関する調査研究報告書

 事業名 水泳の普及振興
 団体名 日本水泳連盟 注目度注目度5


038-1.gif

 

3. オリンピック選手の泳ぎのコンビネーション

 

1) 山本選手の場合(写真7〜10)

 

写真7〜10は,アトランタオリンピック代表選手で,日本記録保持者でもある山本貴司選手の1ストローク中の水中フォームである。?@の指先エントリーから,?Oの指先エントリー直前までを,16のシーンで示す。

バタフライは,通常1ストローク2キックで,第1キックのダウンビートは,?@〜?Bまでとなり,プル動作では,リカバリー後半のエントリー直前から,キャッチ(アウト・スウィープ局面)までとなる。エントリー後,前方へ指先が大きく伸びているのは,第1キックが有効に働いているからである。?@〜?Aでの脚の動きでは,コンパクトに,鋭くキックが行われている。そして,伸ばされた手は,より前方の水をキャッチしようとしている。

プル動作のアップ・スウィープ局面が終了すると,?C〜?Gまでのイン・スウィープ局面が始まる。この局面中,第1キックのアップ・ビートが行われ,これはどちらかというとダウン・ビートの反動的な動作といってよい。

そして,?H〜?Kの最も推進力の発揮されるアップ・スウィープ局面では,第2キックのダウン・ビートが,プル動作と同調して力強く行われていることがわかる。このプルとキックが同調されることが重要となる。

第2キックのアップ・ビートは,?Kの手の離水(小指側から離水)からエントリー直前にかけて行われる。

 

2) 鹿島選手の場合(写真11〜14)

 

写真11〜14は,200mバタフライ日本記録保持者の鹿島瞳選手の1ストローク中の水中フォームである。第1キック(?O〜?B)と第2キック(?G〜?J)のダウン・ビート,そして?D〜?Gと?L〜?Nにみられるアップ・ビートが,共に力強く行われていることがわかる。これが,鹿島選手の持つ素晴らしいテクニックといえる。?Cでは,膝が過伸展(膝を伸ばしたら“へ”の字になる)しており,特にバタフライのトップスイマーは,形態的に膝を過伸展させることのできる選手が多い傾向にある。

また,?Bのアウト・スウィープが大きく行われることも,鹿島選手の特徴といえよう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
115位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
110,486

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.「水泳の普及振興」の報告書
2.啓蒙普及用ビデオ「SPORT空手」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から