日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

バタフライに関する調査研究報告書

 事業名 水泳の普及振興
 団体名 日本水泳連盟 注目度注目度5


037-1.gif

 

進行方向に対して,指先や肩は,ほとんど上下運動していないことがわかる。しかし,大転子,膝,そして足先になるにつれ,上下動が大きくなっており,魚が尾びれを動かしながら泳いでいるようにイメージできる。

 

4) ドルフィンキックの推進力

 

イルカや魚の尾びれと同様,青山選手にみられるように,足首が尾びれのように“しなる”ことは写真やスティックピクチャーの図からもわかる。では,どうして“しなる”必要があるのか。

図8は,ダウン・ビートとアップ・ビート中に発生する推進力を簡単に示した。推進力の方向は,ダウン・ビートでは前方斜め上方に,そしてアップ・ビートでは前方斜め下方に向く。特に,ダウン・ビートでは,図中のように足首にしなりがないと,揚力(C)を生むことができない。また,アップ・ビートでは,足首の返りを利用し,あおるようにしてキックが行われるので,しなりが必要となる。

すべての泳法に通じるところであるが,足首の柔軟性は,“水泳選手の命”とも言える。日頃から,足首の柔軟体操やストレッチを欠かさないようにしたい。

 

5) 青山選手のレース中における潜水ドルフィン

 

キック

今年の日本選手権100mバタフライでは,青山選手は,25m通過(頭を基準)タイムが12秒53,26回の水中ドルフィンキックで25mに到達している。10mから25m間の通過時間が8秒38で,スピードに換算すると約1.8m/S,1キック当たりの推進距離は,約80cmとなった。青山選手のドルフィンキックのスピードは,源純夏選手の100m自由形レースの25mまでのスピードに相当することがわかった。

ルールが改正されて水中ドルフィンキックは15mと制限されるが,スピードあるドルフィンキックができることは,大いに記録の向上につながるので,十分に時間を割いて練習するべきである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
114位
(30,729成果物中)

成果物アクセス数
108,791

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月13日

関連する他の成果物

1.「水泳の普及振興」の報告書
2.啓蒙普及用ビデオ「SPORT空手」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から