日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第5章 ハンガリーにおける地方制度の現状

 

1 ハンガリーの概観

 

ハンガリー共和国は、ヨーロッパの中部に位置する内陸国であり、隣国は北から左回りに、スロヴァキア、オーストリア、スロヴェニア、クロアチア、ユーゴスラヴィア、ルーマニア、ウクライナの7か国である。国土面積は、93,030k?、人口は1996年7月現在で1,000万人である。人口のほぼ、5分の1は首都であるブダペシュトに集中している。また、民族構成については、人口の89.9%をハンガリー人が占め、少数民族としては、ロム人(ジプシー)4.0%、ドイツ人2.6%、セルビア人2.0%、スロヴァキア人0.8%、ルーマニア人0.7%が存在する(1)。他方、ハンガリーの国外に多数のハンガリー人が居住しており、ハンガリーの民族問題は、国内の少数民族問題よりも隣国との関係に関する問題である。具体的には、ルーマニアに200万人、スロヴァキアに50万人、セルビアに30万人、ウクライナに20万人のハンガリー人が居住しているとされる。

ハンガリーが抱えるあらゆる問題の根底には、人口の減少が挙げられよう。それは、移民などの社会的増減よりも、自然的増減によるところが大きい。すなわち、1996年の出生率が1,000人当たり10.3(1992年は11.8)であるのに対して、死亡率は、1,000人当たり14(1992年は14.4)である。

 

2 1990年までの地方制度

 

(1)共産党政権以前の地方制度

 

ハンガリーにおける地方自治の伝統は、近世における貴族の自治に遡ることができる。

1526年にハプスブルク帝国の名目的統治下に入ったとはいえ、ハンガリーの全領域にハプスブルク帝国の実効的支配が及んだのは、1699年にカルロヴィッツ条約によって、ハプスブルク帝国がトランシルヴァニアをオスマン・トルコ帝国から割譲されてから、より正確に言えば、1848-49年革命時にハプスブルク帝国を国家解体の危機に追い込んだハンガリー独立運動の鎮圧後であった。

ハプスブルク帝国は、ハンガリー独立運動を自力では克服できず、ロシアの介入を要請せざるを得なかった。独立運動後、ハプスブルク帝国は、ハンガリーの領域に対して戒厳令体制を導入した。ハンガリーにおける国家行政が平常化したのは、1867年のアウスグライヒ(Ausgleich)締結によってである。アウスグライヒは、ハプスブルク帝国とハンガリーの政治指導者との間で結ばれた妥協的な協

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,243位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
7,860

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から