日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第3章 ロシア沿海地方における政治と制度 ―ナズドラチェンコ体制の比較政治学的分析

 

1 はじめに

 

(1) 本稿の課題

 

ロシア極東部は、朝鮮半島、台湾、中国沿海部と並んで、日本にとって最も近い「外国」のひとつである(1)。しかも唯一欧州系の諸民族が住民の大半を成す地域であり(ここから、「日本に最も近いヨーロッパ」などという楽天的で誤解を生みやすいキャッチフレーズが出てくる)、ロシアの安全保障上、枢要視されている地域でもある。極東は地球上で最も遅く開発と植民が着手された「最後のフロンティア」のひとつであり、こんにちに至るも豊かな天然資源とは不釣り合いの人口不足に悩まされている。そこで進行するウクライナ系、ポーランド系、ロシア系、モルドワ系などの諸人種が混交する民族学的プロセスは非常に興味深い。どうでもよいことだが、おそらく混血の結果であろう、旧ソ連圏でも有数の美人の産地として知られている。

ソ連崩壊後、日本政府の対極東政策は、北方領土問題を桎梏としつつも、しだいに積極性を増してきた。言うまでもなく、飛躍点となったのは、1993年10月のエリツィン訪日を受けた日本の対ロ政策の「拡大均衡」論への転換である。これに比べれば目立たない変化ではあったが、1993年11月、日本総領事館が、ナホトカから、1992年以来閉鎖都市(外国人の立入制限地域)ではなくなっていたウラジオストクに移転し(2)、同時にハバロフスクにも日本総領事館が開設された。1996年には、それまで外務省新独立国家(NIS)室長であった廣瀬徹也が在ウラジオストク総領事として赴任した。こんにち、在ウラジオストク総領事館には人員13名、在ハバロフスク日本領事館には人員12名、さらに、1997年11月には、在サハリン出張駐在官事務所(人員2名)がユジノサハリンスクに開設された。つまり、沿海(プリモーリエ)、ハバロフスク、サハリンの3地方を合わせても人口500万人にも満たない地域に、日本外務省は三つの代表機関を置き、計27名の職員を配置しているのである。また、欧州復興開発銀行に協力して日本政府が設立した地域企業基金(RVF)は、極東・シベリア東部の劣悪な投資環境の中で奮闘している(3)。

良し悪しは別として、沿海地方・ウラジオストク市における日本総領事館のプレゼンスは、もはや外交の枠を越えて(ロシア側にとっての)内政上の意義も獲得しつつあるというのが、現地調査を行っての筆者の感想である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,243位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
7,860

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から