日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第2章 ロシアにおける地方制度・地方自治の確立と憲法裁判

 

1 はじめに

 

ロシアで、昨年9月に新たに「ロシア連邦における地方自治の財政原則に関する法律」(「地方自治財政法」)が制定された。

この法律の制定を受けて、昨年9月30日に開催されたロシア連邦地方自治評議会において、エリツィン大統領は、「地方自治の組織の一般原則に関する法律」(以下、「連邦地方自治法」または単に「地方自治法」とする)そのものについて、ヨーロッパ自治憲章にふれつつ、高い評価を加えながらも、この2年間に十分な形で実現されたわけではなく、その主要な原因が財政問題にあったことを明らかにした。中小規模の市町村はとくに厳しく、大都市の大部分でもその予算の半分以上を上から与えられているというのである。たとえば、マリー・エル、ウドムルトなどの共和国やカムチャツカ、リペツクなどの州では、歳入は歳出の10%以下にとどまっている。

この会議の席で、第一副首相のチュバイスは、インフレが98年度に5〜7%に抑止されれば、地方自治体の財政基盤も好転するであろうと期待を述べている(1997年10月1日付「ロシア新聞」)。

それよりも前に開催された『国家と法』誌(ロシア科学アカデミー国家・法研究所発行)の円卓会議(1)でも、地方自治法制定で重要な役割を果たしたシリーヴァは、地方自治の実現にとつての根本問題は財政にあるが、「金をくれ、自治の経済的基盤を与えてくれ、そうすれば投票する」といったずるい態度ではだめなんだ、自治体自身の努力が不可欠で、現段階の地方自治は経済改革の核心なんだと力説している。地方自治体の財政問題は、新しい法律の紹介を兼ねて、改めて検討の機会をもつことにしたい。

また、今年のはじめには、「地方勤務」に関する法律が制定された。選挙や議会の任命によらない地方自治体の職員の職務にかかわる原則を定めたものである。連邦地方自治法を加えて、地方自治3法の成立がなったといってよい。

こうして、ロシアは新たな地方自治体の財政原則と自治体勤務法制を打ち立てることによって、地方自治の実現への新たな地歩を築こうという局面を迎えたといえる。この背景には、長い間、地方自治体の首長や議会の選挙がなかなか進まなかった状況が、この1〜2年にそれなりに変化し、地方自治体がそれなりの体制を整えてきたことをあげることができる。

しかし、ロシアの地方制度と地方自治をめぐる問題は、全体としては整備されつ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,243位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
7,860

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から