日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


2 調査研究の意義

 

このような地方制度ないし地方自治の比較研究は、およそ次の二つの意義があると考えられる。

第1に、純粋に学術的な意義である。とくに実践的な狙いはもたずに、それらの国々の社会や政治経済の実態を究明することをめざすものであり、さらにいえば、さまざまな社会の構造やメカニズムを明らかにすることによって、社会科学的な知見を獲得しようとする目的である。たとえば、現行の日本の地方自治の分析と地方制度史の研究に資する可能性は大きいと思われる。

第2の意義は、前述したように、制度改革の問題を考察する上で有益な示唆を得ることである。ある改革を実施する上で発生するさまざまな問題点や課題とはどのようなものであるかを、旧ソ連・東中欧諸国で行われている改革の中から抽出することが、最終的にはわが国が改革を行う場合に参考となる可能性があることである。

第3の意義は、国ないしは地方自治体の国際貢献の一環として、体制移行諸国に対する援助を行う場合の、相手国についての基礎的な情報の収集である。より広い意味で、社会を発展させ、国民福祉を実現させるためのノウハウの提供が考えられる。もとより、そのためには、体制移行諸国の土壌をよく分析して移植するシステムや制度との適合性を調べ、相手国の土壌に適したシステムや制度を教示すること、つまり、土壌にあったシステムの改良を行う上での基幹的資料となりうるだろう。

 

3 調査研究の対象国と調査研究方法

 

今年度は、昨年度に引き続きロシア連邦を対象国の一つとしたが、昨年度の連邦レベルの地方自治と地方制度史の調査研究に続き、今年度は、憲法裁判所判決に見る連邦とその構成主体をめぐる政府間関係や、連邦を構成する主体すなわちリージョンのうち、わが国と比較的交流も深い沿海地方の現状を扱った。また今年度の新たな対象国として、旧ソ連の崩壊とともに分離独立したウクライナと、中欧のハンガリーを取り上げている。ウクライナは、当初の計画では、調査対象国としていなかったが、より多くの国の地方制度に関する情報をもとにした比較研究を進めていくために、松里委員の協力を得て新たに追加したものである。

本調査研究は、別掲の学識者および行政の実務家を委員とする委員会での討議と、二週間弱の現地調査をもとに進めたものである。委員会では、それぞれの国ないしは地域の地方制度および地方自治の概要の報告を受け、その実態の把握および現地調査で確認しなければならない事項を討議し、その上で、海外調査を実施し、新たな情報の入手および不足を補う形式を採用している。また、地方制度の内容に密接

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,243位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
7,860

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
10.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から