日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


地方分権推進委員会は今後の内政の主要課題が《地域社会づくり》であることをかなり意識して検討を進めてきた。このことは評価されてよい。また、機関委任事務を廃止することによって自治体の主体性を確立することを目指したことは、国・地方関係の画期的転換を象徴するものだといってよい。しかしながら、地域社会づくりを志向した分権化は、国・地方という二分法によって国から地方へと権限を移すだけでなく、基礎自治体の充実に焦点をあてた分権化を目指す必要がある。基礎自治体をどのような重層構造の中に位置づけるかについては、国・都道府県・市町村という現行制度以外にも、連邦制や道州制などの選択肢がある。推進委員会の案は、現行の重層構造を維持した分権化を採択した。さらなる将来に別の重層制への移行があるとしても、改革の実現可能性からみればこの選択が妥当であろう。ともあれ、どのような重層制であろうとも、生活場である地域社会を人々のウェル・ビーイングに向けて編成する責務を負うのは基礎自治体である。このことに変わりはない。そうであれば、基礎自治体の充実は、重層制のヴァリエーションを超えて追求すべきテーマである。基礎自治体が自己編成力に欠けていれば《地域社会づくり》の実効は上がらない。この点からみると、現在の分権化は基礎自治体の在り方に関してまだ検討を尽くしていないように思われる。特に、自己編成力に関する本格的議論はほとんどなされていない。そこで以下では、その手掛かりとなることを願って、基礎自治体の自己編成力に関する試論を述べてみたい。

分権化によって自治体の自由度が拡大したとしても、それだけで豊かな《地域社会づくり》が大きく前進するわけではない。自由があっても、力がなくては自由を生かすことはできない。さらに、自由も力も備えていたとしても、自治体がその自由と力を豊かな地域社会づくりに向けて発揮するという保証があるわけではない。自由と力を地域社会づくりに向けて発揮させる制度環境が整っていなければ、自治体行政は放縦に流れる。分権的制度に問われるのは、自治体に自己編成力をもたせ、それを住民生活の豊かさを実現する地城社会システムの編成に向けて発揮させる仕組みである。そうでなければ、改革は失敗する。

 

2 財源調整の理念と自己編成力

自治体の自己編成力は基本的に権限・財源・人的資源に規定される。分権化によって権

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,428位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
6,594

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
9.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
10.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から