日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


4 まとめ

 

(1)立地条件

 

本町は物理的にも時間的にも福岡市、北九州市の両市とほぼ等距離にあり、また直鞍の中央部に位置する。

町の南北には、なだらかな山が広がっているが、町の中央部には犬鳴川と八木山川が東西に流れ、犬鳴川沿いに平地が若宮町と連担している。主要地方道「福岡直方線」もほぼそれに平行しており、町の東西の骨格となっているとともに、川の上下流との関係を考える上で重要な要素である。

また、計画されている直鞍広域産業循環道路は、町の南北の骨格となるとともに、沿道には多くの未利用地が分布しており、その利用を考慮すれば、まちづくりにとっての大きなインパクトとなると思われる。

公共施設が集中している中心市街地は、町の中心となっているが、町の拠点地区を形成しているとは未だいえない状況にある。一方、地域公民館は町内に広く分布しており(図表1-9)、今後ますます地域活動の場として積極的な活用が期待される。

 

(2)地域特性

 

町の人口は、貝島炭礦の合理化閉山にともない半減し、その後も漸減傾向にある。一方では、新たな企業立地もみられ、福岡東芝エレクトロニクスやトヨタ自動車九州などの大企業が操業を開始したが、それが直接人口の増加に結びついたとはいえない状況にあり、今後の企業と地域の関係を考えていく上で、十分考慮する必要がある。一方、二次産業の就業者数が横ばいで推移しているが、その主要な担い手は鉱業から製造業に変化している。

人口は町東南部の旧炭鉱地区に多く分布しているが、増加傾向を示しているのはむしろ中央部から北部であり、これは新しい住宅団地の形成が寄与していると思われる。町内には小学校が5校あり、1校区あたり3〜4000人の居住人口であり、それは町形成の歴史も含めて考えれば、中規模地域のコミュニテイ活動の単位として想定できる。

 

(3) 地域資源

 

本町形成史の上での旧村が基礎となって今の小学校区が形成されており、地域活動の単位を考える上で、歴史的な視点を持つことも必要である。

また町内には広く歴史的資源や祭りが分布しており、それらを生かしたまちづくりはもとより、地域活動の拠り所の一つとなりうる重要な資源である。

一方、新しく始められた祭りやイベントは、行政をはじめとした官主導の性格が強く、真に地域に根ざした祭りとなるために広く住民のかかわり方が検討課題といえるだろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,362位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
3,238

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
5.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
6.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
7.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
8.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
9.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
10.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から