日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3. 中山間地域におけるレクリエーション機能整備のあり方

 

ここでは、レクリエーションニーズの動向および全国における整備事例をふまえ、中山間地域におけるレクリエーション機能の整備の方向を提示する。

 

(1) 中山間地域におけるレクリエーション機能の整備事例

 

ア 森林資源を活かした事例

中山間地域の特徴として、気軽に入り散策などができる里山が多いことがあげられる。この資源を活用して「山・森林と親しむ」または「利用する」施設の整備が進められている。

そのような地域では、森の中に文化ホール、体育館、生涯学習施設などを整備し、住民活動の拠点となる場を提供している。また都会の住民らが気軽に利用できる休憩所を兼ねた観光案内施設、滞在施設(ホテル)、陶芸や木工などの体験施設、里山散策路などの整備も行われている。

 

施設例 

● 丹波の森公苑(兵庫県氷上郡柏原町)

● ふるさとの森、ふるさと旅行村(愛媛県上浮穴郡久万町)

● 香木の森公園(島根県邑智郡石見町)

 

イ 木工資源を活かした事例

森林資源を活かした事例と同様に山村の特性を活かしたもので、「木に親しむ」というコンセプトのもと、クラフト(工作)体験、木工製品の販売をはじめ、ウッドクラフト公募展を行い全国的に名を高めている施設もある。

また地域の主要産業である木材の振興のために、建築物などをできる限り木造で行うというまちづくりを進めているところや、「都会の住民に木、森、山の大切さを理解してもらうとともにそれらを守る地域、住民の生活をわかってもらう」という理念を掲げ「木」というものにこだわった種々の活動を行っている地域もある。

施設例

● 丹波年輪の里(兵庫県氷上郡柏原町)

● 木工の里(奈良県吉野郡川上村)

● クラフトハウス「もくもくハウス」(宮城県本吉郡津山町)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,299位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
7,414

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究
4.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
5.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
6.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
7.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
8.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
9.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
10.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から