日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

山麓地域の広域的連携による地域活性化方策に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3 榛名山麓活性化の整備方針

榛名山麓の具体的な活性化を促す上で、その柱となる整備方針を次のように設定する。

 

(1) 榛名山の特徴を生かした整備

・市街地に取り囲まれた中山間地

・多様な資源を持つ観光・レクリエーション拠点

・ふもとの生活圏を補完する地域単位

・榛名山信仰に象徴される地域のシンボル

 

(2) ユーザーサイドに立った整備

榛名山麓の多様な地域資源を生かし、その潜在的な可能性を、今後予想される社会ニーズの中で最大限に引き出すため、ユーザーサイドに立った整備を指向し、その中で現在の資源集積を評価し、必要となる整備を推進していく。

 

(3) 山・村・里を調和させた整備

・山: [現状]山頂部及びその周辺の林地は多くが、水源涵養林として国有林や保安林になっている。また、景観的にも緑の山並みを形成する重要な要素となっている。

[方向]これらの保全を確立するために、既存制度を補完する協定や基金などの導入を検討する。また、県立自然公園の再整備をはじめ、計画的に活動拠点を整備し、林間部の散策道路などの整備をあわせて図っていく。

・村: [現状]市街地から山裾にかけて、分散している農業集落を中心とした村落部は一部、産業団地や住宅団地との混在を受け入れながら、定住の場を形成している。

[方向]今後は、農業の活性化や観光農業への転換を図りながら、新たな田舎暮らし指向者の受け皿として、退職者などの新たな定住の場やグリーンツーリズムの拠点としての可能性を模索し、村なみの整備などにも取り組んでいく必要がある。とくに、整備が進められている広域農道については、地域の新たな骨格として、沿道の施設整備や花などによる演出を連携して促進していく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,594位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
5,597

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.地方都市における大学を核とした地域づくりに関する調査研究
2.定住と交流の促進による中山間地域振興に係る施策のあり方に関する調査研究
3.レクリエーション拠点整備による中山間地域の振興に関する調査研究
4.住民向け地理情報システムの構築に関する調査研究
5.沿岸地域における若者定住対策に関する調査研究
6.遊休義務教育施設の活用による地域振興策に関する調査研究
7.産業構造の転換に対応した地域社会づくりに関する調査研究
8.新しい高齢者介護システムに対応する地域福祉体系構築に関する調査研究
9.首都機能移転への地方公共団体の係わり方等に関する調査研究
10.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究(?)
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.ホール文化形成のために?ホール文化形成のための調査研究?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から