日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


資料編

ロシア連邦憲法(1993年12月12日制定/同12月25日施行)

第1章 憲法体制の原則

第1条 ロシア連邦一ロシアは、共和制の統治形態をとる民主的な連邦制の法治国家である。

<2> ロシア連邦とロシアの名称は、同義である。

第3条 ロシア連邦における主権の担い手および権力の唯一の源泉は、その多民族からなる人民である。

<2> 人民は、直接に、または国家権力機関および地方自治機関をとおしてその権力を行使する。

<3> 人民の権力の最高の直接的表現は、国民投票(レファレンダム)および自由な選挙である。

<4> 何人も、ロシア連邦における権力を横奪することはできない。権力の奪取または権力的権限の横奪は、連邦的法律によってこれを追及する。

第4条 ロシア連邦の主権は、その全領域に及ぶ。

<2> ロシア連邦憲法および連邦的法律は、ロシア連邦の全領域において最高性を有する。

<3> ロシア連邦は、その領土の保全および不可侵を保障する。

第5条ロシア連邦は、ロシア連邦の同権の構成主体である共和国、地方、州、連邦的意義を有する都市、自治州、自治管区によってこれを構成する。

<2> 共和国(国家)は、その独自の憲法および法令を有する。地方、州、連邦的意義を有する都市、自治州、自治管区は、その独自の憲章および法令を定める。

<3> ロシア連邦の連邦構造は、その国家的統一、国家権力体系の統一、ロシア連邦の国家権力機関とロシア連邦の構成主体の国家権力機関のあいだの管轄事項および権限の区分、ロシア連邦にける諸民族の同権および自決に基礎をおく。

<4> 連邦国家権力機関との関係において、ロシア連邦のすべての構成主体は、相互に同権である。

第11条 ロシア連邦における国家権力は、ロシア連邦大統領、連邦議会(連邦会議および国家会議)、ロシア連邦政府、ロシア連邦の裁判所(複)がこれを行使する。

<2> ロシア連邦の構成主体における国家権力は、それが設置する国家権力機関がこれを行使する。

<3> ロシア連邦の国家権力機関とロシア連邦の構成主体の国家権力機関のあいだの管轄事項および権限の区分は、この憲法、管轄事項および権限の区分にかんする連邦条約ならびにその他の条約によって、これを行なう。

第12条 ロシア連邦においては、地方自治を承認し、保障する。地方自治(体)は、その権限の範囲内において、独立である。地方自治機関は、国家権力機関の体系にはこれを含めない。

 

第3章 連邦構造

第65条 ロシア連邦に含まれるのは、次のロシア連邦の構成主体である。アドィゲヤ共和国(アドィゲヤ)、アルタイ共和国、バシコルトスタン共和国、ブリャーティア共和国、ダゲスタン共和国、イングーシェティア共和国、カバルダ・バルカル共和国、カルムィキア共和国=ハルム・タングチ、カラチャエヴォ・チェルケシア共和国、カレリア共和国、コミ共和国、マリー・エル共和国、モルドヴィア共和国、サハ共和国(ヤクーティア)、北オセチア共和国、タタルスタン共和国(タタルスタン)、トゥヴァ共和国、ウドムルト共和国、ハカシア共和国、チェチニャ共和国、チュヴァシア共和国:チャヴァシ共和国アルタイ地方、クラスノダール地方、クラスノヤールスク地方、プリモーリエ地方、スタヴロポリ地方、ハバロフスク地方アムール州、アルハンゲリスク州、アストラハン州、ベルゴロド州、ブリャンスク州、ヴラジーミル州、ヴォルゴグラード州、ヴォログダ州、ヴォロネジ州、イワノヴォ州、イルクーツク州、カリーニングラード州、カルーガ州、カムチャツカ州、ケメロヴォ州、キーロフ州、コストロマ州、クルガン州、クールスク州、レニングラード州、リペツク州、マガダン州、モスクワ州、ムルマンスク州、ニジェゴロド州、ノヴゴロド州、ノヴォシビールスク州、オムスク州、オレンブルグ州、オリョール州、ペンザ州、ペルミ州、プスコフ州、ロストフ州、リャザン州、サマーラ州、サラトフ州、サハリン州、スヴェルドロフスク州、スモレンスク州、タンボフ州、トゥヴェーリ州、トムスク州、トゥーラ州、チュメニ州、ウリヤノフスク州、チェリャービンスク州、チタ州、ヤロスラーヴリ州モスクワ市、サンクト・ペテルブルグ市:連邦的意義を有する都市ユダヤ自治州アガ・ブリャート自治管区、コミ・ペルミャーク自治管区、コリャーク自治管区、ネネツ自治管区、タイムィル(ドルガン・ネネツ)自治管区、ウスチ・オルディン・ブリャート自治管区、ハントゥイ・マンシ自治管区、チュコトカ自治管区、エヴェンク自治管区、ヤマロ・ネネツ自治管区

<2> ロシア連邦への加入および新しい構成主体の形成は、連邦の憲法的法律の定める手続によってこれを行なう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
863位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
11,006

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
2.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から