日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


のかという問題であった。前者の場合、既存の行政区画が2層制をなしている以上、自治体も2層制をなすことになる。後者のアプローチの支持者は、自治体間に支配従属関係はあってはならないとの前提から、地方自治とは、ほんらい1層制でしかありえないと主張した。国家会議の法案は既存の行政区画から出発するものであり、大統領府の法案は、図表6が示すように、1層制自治を主張するものであった。両者の折衷の結果、自治体形態の場合と同じく、下駄は地方に預けられた。つまり、「地区」と村との双方に自治体を形成するのか、「地区」・村・あるいはその中間単位に1層制自治体を形成するのかは、州法および自治体憲章に任されたのである。

筆者には、大統領府案による1層制自治の主張は、(前述のインテリ的観念主義の現われであると同時に)大統領派の伝統的な「地区」敵視政策の最後の燃え上がりだったように恩われてならない。周知の通り、大統領派は、「地区」は共産党の牙城でしかありえない、したがって「地区」の自治は共産党を利するのみである、「地区」には任命制の国家機関のみを置くべきである、という先入観を抱いていた。ソヴィエトの廃止後、エリツィン大統領は市には代議機関を再建することを許したが、「地区」にはそれを許さなかったことは記憶に新しい。しかし、1992〜93年頃に「地区」エリートが野党的であったのは、政府の側が無謀なファーマー化政策を推進し、既存の集団農業を意図的に痛めつけたためである。このような冒険主義を放棄し、既存の農村エリートと和解するよう努めれば、ほんらいコルホーズ・ソフホーズは、行政府からの補助金、資材・燃料供与に著しく依存しているのだから、行政府党の堅固な支持基盤となりうるのである。

一般に、どこの国においても「権力党」の選挙運動の方法は、都市よりも農村において効果的である。ロシアがこれの例外である理由はなく、また、1996年の一連の選挙の中で、大統領派はこれをはっきりと自覚したのである。とりわけ12月の州知事選挙は、行政府党の支持基盤が農村に移ったこと、逆に、人民愛国派の支持基盤が都市化しつつあることを明白に示した。1994年にエリツィンが州エリートと和解したとするならば、1996年には、彼は「地区」エリートと和解したのである。

8 まとめ

ロシア農村部の行政区画分けは、帝政期の県一郡一郷一村の4層制から、現在の州一「地区」一村管区の3層制へと変化した。最近の地方制度改革において、この構造を流動化しようとする試み、とりわけ「地区」の意義を低める試みがなされたが失敗した。筆者の見解では、ロシア農村部の空間の広大さ、人口密度の低さを考慮すれば、「地区」のような中2階構造は不可欠であり、不可欠であるとするならば、そこに国家機関のみがおかれるよりも、代議機関を有する自治体がおかれた方がよい。

ロシア帝国は連邦国家ではなかったので、県の区分は純粋に空間的になされた。レー

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
865位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
11,027

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
2.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から