日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


サマーラ州の例であるが、この州においては、州知事が、大統領選挙の第1回投票と決戦投票の間の期間に、第1回投票時に共産党侯補ズユガーノフの得票率が最も高かった三つの「地区」の行政長官を、見せしめ的に解任した。しかも、そのうち一人は汚職を理由として直ちに逮捕・収監した(13)。「決戦投票に向けて真面目に運動しないと、お前たちもこうなるぞ」と、行政長官たちに警告したわけである。ロシアにおける連邦制・地方自治が根本において擬制的・宣言的なものにすぎないと本章冒頭で述べたのは、このような事情を指している。アメリカ合衆国において、州職員・自治体職員が、自分の思想信条に関わりなく、現職大統領のために勤務時間中に選挙運動を行なうなどということが考えられるだろうか。

このような体制の下では、平和的な政権交替は極めて困難である。また、この体制には、選挙が市民の自発的な活動であることを前提とした西側政治学の(往々にして数学的な)方法は適用できない。1996年大統領選挙におけるエリツィンの勝利を西側の政治学者のほとんどが予想できなかったのは当然である。また、たとえば「ロシアの選択」:ガイダール党は、1993年国会選挙では第二党であったが、1995年選挙では5%バリアを越えることさえできなかった。このような変易性(ヴォラティリティ)も、西側政治学の方法では説明が難しい。しかし、事実は単純であり、実際の唯一の政権与党は行政府党であって、この与党が1993年には「ロシアの選択」、1995年には「我らが家ロシア」というように、まるで手袋でも替えるかのように、票を動員する対象を替えるのである。

筆者が行政府党と呼ぶものについて、ポスト・ソヴィエト学においては「権力党」という用語を採用する場合が多い。しかし、筆者は行政府党という呼称の方が正確であると考える。その理由は、第1に、「権力党」というものは、日本であろうとイタリアであろうとスウェーデンであろうと、長期安定政権が続けば多かれ少なかれ形成されるものであって、この用語では、国家機構そのものが現存する政権の選挙母胎になるというロシアの政治体制の特殊性を表現できない。利益誘導、企業ぐるみ選挙といった我々がよく知っている現象とロシアで行なわれていることとでは、質がだいぶ異なる。第2に、「権力党」という言葉は、それが共産主義体制およびノメンクラトゥーラの残滓であり、過度的な現象であるというニュアンスを帯びている。筆者は、この党はより深い社会学的な根をもっており、資本主義体制下でも十分、再生産可能なものであると考える(14)。第3に、「権力党」という用語は、ロシアにおいて政党システムが未発達であるという認識、つまりこれまた現在のロシアがよりノーマルな状態への過度期にあるという認識を前提としている。筆者は、行政府党と共産党が事実上の二大政党制を形成する現在のロシアの政党システムは、既にかなりの程度確立されたシステムであると考える。

 

6 州エリートの緩やかな連合としての行政府党

次に、旧体制崩壊に伴う変化の側面に着目する。上で見たような非競争的なヘゲモニー

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
872位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
11,047

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
2.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.非常食の配備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から