日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


誠心を信頼せず、徴税、雇用、民営化などの戦略的な課題については自前の出先機関を市・「地区」レベルにまで開設した。1993年憲法によっていまや「国家」と認められた州も、自治体の忠誠心を信頼せず、連邦政府と同じように自前の出先機関を開設して、それに州の業務を担わせようとしている(ただし、これについては、州ごとに大きな差がある)。

しかし、このような「脱フランス型」の行政機構改革も、様々な矛盾や逆揺れを孕むものである。たとえば、連邦職員が行なう防疫、警察などの業務の大半は、市・「地区」レベルの権力の指揮下で行なわれるものである。たとえば警察業務のうち連邦が責任を負うべき犯罪捜査(アメリカ合衆国とは異なって連邦規模の刑法典が存在するロシアにおいては、犯罪捜査は連邦の業務であると考えられている)は30%程度であり、残りは地方的な意義しか持たない衛生、社会秩序維持などの業務である。こうした業務の遂行においては、連邦職員たる警察官は「行政的には連邦政府に従属するが、機能的には市・『地区』行政府に従属する」と定式化される。以上は法律上の問題であるが、実態上はロシアの行政機構の遠心性はもっと著しい。徴税、雇用、民営化などを担う連邦機関は、実際にはかつてのソヴィエト執行委員会組織を割って創出された場合が多いのである(それ以外に人材の獲得のしようがない)。そのため、市・「地区」行政長官が長期政権を保っている場合には、かつてソヴィエト執行委員会で一緒に働いていたころの人脈が保たれているため、連邦職員に対しても一定の影響力が行使しうる。

そのうえ、税務署機構(ナローゴヴァヤ・インスペクツィヤ)に見られるように、ソヴィエト執行委員会からいったん切り離されて連邦機構とされたが、再びそれを地方行政府の一部局としようとする逆揺れの制度改革が検討されている例もある。これは、おそらく国家の財政危機の原因が変わったためである。つまり、1993年までは地方権力の税上納拒否のため財政危機が引き起こされていたのに、こんにちにおいては個々の納税者の所得の補足の弱さゆえに税収が不足しているためであると考えられる。税の上納を中央との政治的な取引材料にすることがしばしばであったソヴィエトが廃止された以上、個々の住民を熟知した地方行政府に徴税業務を移して税収確保を図ろうとするのは当然の政策である。

 

4 帝政期の地方制度

帝政期、特に1890年前後の反改革以降のロシア帝国の地方制度を図表5に示す。この図が示すように、帝政期の地方制度は、管区レベルまでの二元制(国家官僚制とゼムストヴォ)と、郷以下の基層一元制(農民自治)によって特徴づけられた。

大改革期においては、ゼムストヴォは、ドニエプル川より東、ウラル山脈より西、ドン川より北の34県にしか導入されなかった。シベリア・中央アジアにゼムストヴォが導入されなかったのは、そこに住む諸民族がまだ文化的に低い段階にあると考えられたため

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
869位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
11,037

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
2.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から