日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


2 ドイツにおける自治体内地域区分(Gemeindiche Untergliederung)による住民参加の組織をめぐる諸問題 名和田是彦

私がコミュニティーに関心を抱く理由は、分権ないし分散という観点から2つある。一つは価値的に望ましい、住民が自分たち自身にかかわる公共的な事柄について、何がしか自覚的にかかわっていくのは望ましいということである。もう一つは、そのやり方が効率の面でも望ましい場合があるということである。効率性の観点からから大都市行政が世界的にも展開し、広域的に集権的なシステムをとるにも拘わらず、自治体内下位区分、つまりあたかも一旦奪われた自治を住民に返すような試みも同時に行われている。ベルリン、ハンブルクもそういう例である。結局のところ、大都市行政固有の必要から集権体制を採用したものの、特定の事柄、例えば地域福祉あるいはある種のまちづくり事業といったものは分散的なシステムをとった方が効率もよいと考えられているのではなかろうか。ここでは課題を限定し、比較的大きな都市の自治体行政について、自治体行政の地域分散傾向と住民参加の関連を探りたい。

(1)3つの問題意識

ア地方自治と民主主義地方自治というものは民主的制度だとよく言われる。しかし19世紀のドイツの公法学の思想史を勉強してみると、地方自治はある意味では団体自治論という、それほど民主的とも言えない別な思想伝統と結合していることに気がつく。ドイツでは自治体の条例をSatzungと言うが、Satzungとは団体の会則のことであり、地方自治体が国家権力の一分肢であるよりはむしろ自生的な地域集団であった時代の名残りを留めている。団体自治論は、政治的には保守的な立場から主張された。ところが、最近その立場をかえたよう、な論戦が行われる機会があった。ドイツの地域評議会や区代表会といった名称

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,586位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
5,659

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書
2.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
3.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
4.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
5.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
6.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
7.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
8.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
9.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から