日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


4 地域福祉における介護サービスの仕組みづくり

〜24時間ホームヘルプサービスの例〜

講師:(株)コムスン代表取締役社長 榎本憲一

(1)会社設立の端緒

私がコムスンを設立するに至ったそもそもの原因は、設立の前に老人病院の経営再建に携わったことだった。この病院は福岡で比較的有名な病院であったが、経営が悪く、地域の病院の中で孤立し、220床すべて老人患者という病院になっていった。地理的には、有利な条件であったが、老人病院化が進み、外来患者も50,60人となった。220床に対して外来が50,60人ということは、まず治癒による退院がない、死亡退院だけということを意味する。入院患者には腰痛症、本態性高血圧症といった、確かに治療が必要のような病名はついていたが、実際彼らはほとんど治療を必要としない、投薬も必要最小限しか行われていないような高齢者で、家族が面会に来ない、帰る家がない、身寄りがないといった事情を抱えて、長い間入院していた。家族のいる患者には、退院をして人生の最後を我が家で過ごすことを提案するが、帰りたいけれども、もう自分の部屋はない、子供たちがほとんどその部屋を使っているし、居場所がない、自分が帰っても、共稼ぎで面倒を見てくれる者がいない、というような返事ばかりで、全く社会的入院(その当時、社会的入院という言葉はなかったが)状態であった。その一方で医療費は、当時でも入院後2〜3年経過すれば最低水準になっていく仕組みであったため、病院の収入は少なく、経営は苦しかった。私は何でこのような状態になったか、また地域の人がどのような医療機関を望んでいるのか調査に取りかかった。職員の中には惰性で勤めていたり、高齢の職員も多かったが、幸運であったのは、当時まだ医学部にいた経営者の息子が、長野県にある佐久総合病院の若月先生の農村医学、地域医療のような医療ならやってみたいということで、経営が続けられることになったことである。私も、当時私設病院協会の事務局長をしていたが、経営に携わることになった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,586位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
5,659

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書
2.外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書
3.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
4.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
5.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
6.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
7.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
8.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
9.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から