日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


第4章 担い手などの分析

1 玄海諸島における労働力などの現状

 産業振興の視点からみたときの、現在の玄海諸島の労働力、資本、技術、情報開発力などについては、次のように評価される。

(1)労働力

 過疎化、高齢化が進んでいる玄海諸島においては、必ずしも十分な担い手がいるとはいえない。しかしながら一方、多くの働き盛りの青壮年が住んでいるのも事実であり、これらの人々が島外に就労の場を求めて流出しているところに問題がある。
 また、漁業が就業の基盤になっているが、例えば冬季などの漁ができない場合には余剰労働力も発生し、出稼ぎをせざるをえない面もでている。
 このようななかで、各種活動の主体になっているのは、漁協の青年部や婦人部で、それに「イルカの会」や「椿の会」といった住民主体の活動組織もみられる、
 また、UIターンや若妻層において、潜在的な活動二一ズも見受けられる。
 

(2)資本

 島自体には資本力はあまりなく、現状では漁協がその中心的役割を担っている。

(3)技術

 水産加工については漁協婦人部を中心に徐々に島内で行われ始めているが、まだ高度な技術開発までにはいたっていない。
 ただし、昔からの伝統的な「郷土料理」の技術や、今は活用されていないが「和船づくり」の技術など、再度見直すべき技術の素材は点在している。

(4)柵報開発力

 島からの情報発進力は極めて弱いのが現状である。
 

2 島別の担い手などの可能性

 島の活性化において、当然、島外との連携は必要なことであるが、まず基本となるべきものは、その地域の住民及び当該自治体である。すなわち、ここで扱う“担い手”とは、そのなかの“地域住民”に焦点をあて、その可能性を探るものである。
 その視点からみたとき、現地ヒアリング調査(島おこしグループやUIターン者など)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,293位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
7,536

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書
2.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から