日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

外海小型離島における地域資源の活用による産業立地の可能性と雇用機会の拡大に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3島別の特性と振興の課題

(1)唐津市における離島の概況

ア立地・沿革

 唐津市は佐賀県の西北部に位置し、玄界灘に面した県内第二の都市である。
 唐津市の歴史は古く先土器時代にさかのぼる。“唐津”の名は古く、“唐(韓国、中国)”に渡る“津(みなと)”からきているといわれる。文禄元年(1592年)の豊臣秀吉の朝鮮出兵後に重要拠点として脚光を浴び、以後、寺沢氏が唐津城を築いて以来城下町として今日の商業、文化都市の基礎が形成された。
 

イ人口・産業特性

 平成7年国勢調査で、人口は79,575人、世帯は25,925、人口は平成2年に比べて368人の微増、世帯数も1,428世帯が増加している。老年人口比率は16.7%と年々高齢化が進行している。
 産業別就業者数37,536人では第3次産業の比率が高く(64.7%)、次いで第2次産業(24.8%)、第3次産業(10.5%)の順となっている(平成2年)。観光客入込数で約253万人、消費額約141.2億円で、日帰りが約88%を占める。
 

ウ離島振興と行政対応

(ア)離島の位置

 島蜘は、内海・本土近接型離島である高島、神集島の2島があり、2島の人口は1,113人で、全市の約1.4%を占める。
 主力産業は水産業であるが、本土との利便性が比較的高いので、通勤就業も少なくない。全市に占める経済指標上のウエイトは低いが、歴史や観光・交流的な資質は本土と連関性が密で、特色あるものが多い。
 

(イ)行政対応

 これまで、両島ともに離島振興法関連事業の推進を軸に市、県の行政施策が講じられている。
 高島は宝当お休み処の整備や漁業活性化調査など、神集島においても、万葉句碑や遊歩道などの整備をはじめ、市・県共同の架橋推進のための検討などが実施されている。
 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,293位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
7,536

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.体制移行諸国における地方制度に関する調査研究報告書
2.交通要衝地域における産業誘致等による地域発展策に関する調査研究報告書
3.北関東観光・文化ゾーンにおける拠点開発・整備に関する調査研究報告書
4.都市機能の集積等による地方中核都市の均衡ある発展に関する調査研究報告書
5.行政区域をこえた連携による地域振興策と新たな交流圏の設定に関する調査研究報告書(駿河路・甲斐路広域交流可能性調査)
6.地域資源や自然環境の活用による農山村地域の振興に関する調査研究報告書
7.内海離島の特性を踏まえた住環境の総合的整備に関する調査研究報告書
8.大規模プロジェクトの波及効果を活用した地域振興策の具体化に関する調査研究報告書
9.新しい時代における行財政運営システムに関する調査研究報告書
10.首都機能移転と行財政のあり方に関する調査研究報告書
11.「地方自治に関する調査研究」の報告書
12.防災用資器材等の整備事業
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から