日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

輸送ニーズの変化に伴う九州の内航海運のあり方並びに活性化策に関する調査研究報告書

 事業名 九州圏における海運の振興と近代化に関する研究
 団体名 九州運輸振興センター  


  (10)座業圏間コンテナ流動

 94年度調査から「内航船舶輸送統計年報」のなかで、別途産業圏間コンテナ流動がとられている。これは、内航コンテナによる貨物がどの地域からどの地域へどのくらい流動しているかを把握したものである。ここでは1995年度調査からその流動実態をみることにする。
 九州・山口地域発コンテナ貨物2,407千トンのうち、域内貨物は286千トン(全体の11.9%)にすぎず、ほとんどが域外貨物である。域外流動の地域間パターンで多いのは「北九州→沖縄」(670千トン)「北九州→阪神」(475千トン)「中九州→京浜葉」(280千トン)である。
 域外流動に該当する航路での主な輸送品目については「内貿ユニットロード貨物流動調査」(平成6年3月)が参考になる。「北九州→沖縄」では、「取り合わせ品」、「北九州→阪神」では「ゴム製品」、「合成樹脂」、「自動車」、「中九州→京浜葉」では「化学肥料」、「飲料」、「窯業品」が多い。
 九州・山口地域着貨物1,771千トンのうち、域内貨物は286千トン(全体の16.2%)、残りが域外貨物である。域外流動の地域間パターンで多いのは「阪神→北九州」(566千トン)、「京浜葉・中九州」(292千トン)、「京浜葉→北九州」(170千トン)である。
 主な品目をみると、「阪神→北九州」では「畜産」、「製材」、「日用品」、「京浜葉→中九州」では「取り合わせ品」、「京浜葉→北九州」では「製造食品」、「化学工業品」、「飲料」が多い。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,690位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
4,954

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.九州・山口の港湾における物流機能の充実に関する調査研究報告書
2.熊本県下の主要港湾における海上輸送の整備に関する調査研究?中間報告?
3.「九州圏における海運の振興と近代化に関する研究」の報告書
4.海運振興関連施設
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から