日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

九州・山口の港湾における物流機能の充実に関する調査研究報告書

 事業名 九州圏における海運の振興と近代化に関する研究
 団体名 九州運輸振興センター  


方策7 複合貨物夕一ミナルの設置  

 

1)背景とねらい

 関門港では、鉄道、トラック、新門司地区等からのフェリー、新北九州空港(予定)からの航空といった国内輸送手段と外貿コンテナ船とを組み合わせた輸送サービスの実施が考えうる。
 鉄道に関しては、関門〜釜山航路と鉄道コンテナを組み合わせた国際複合一貫輸送サービスが実施されており、関東・関西方面の韓国向け輸出入貨物の輸送においては、通常の海上輸送より短時間で、航空輸送より低コストで輸送できる。このため、対韓国貿易において、関東・関西方面は関門港の背後圏の一つとなっている。また、東京湾においても、東京〜宇都宮、横浜〜宇都宮において、荷主との恒常的な鉄道輸送契約に基づく海上コンテナの海陸一貫輸送の取り組みが行われている。
 また、アジアを中心とする輸入貨物が増大し、わが国の港湾が輸出型から輸入型に転換する中で、輸入促進の観点からは、輸入貨物に対応した国内流通システムの整備が十分でないことが問題となっている。特に関門港においては、輸入の急増している中国などとの近接性を活かした物流システムの構築が必要となっている。
 こうしたことから、国際物流と国内物流との結節点に複合貨物ターミナルを設置することによって、国際複合輸送システムを構築し、物流の円滑化、効率化を図る。  

2)事例研究からの示唆  

 ・神戸航空貨物ターミナル(K−ACT)は通関機能のほか、物流機能として、海上アクセスによる集中一貫輸送機能を持っている。集中輸送による規模のメリットのみならず、海上アクセスによる定時性が魅力となっている。  

 ・現在、コンテナヤードが不足しており、約30h離れた楊山にインランド・コンテナ・デポを整備し、散在していたコンテナヤードの集約化を図ろうとしている。交通渋滞の緩和や物流コストの削減に寄与するものと期待されている。  

 ・ヤオハングループが中心となった施設であるシンガポール国際卸売マート(IMM)は、卸、小売、貿易の3機能を併せ持っ施設である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,657位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
5,175

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.輸送ニーズの変化に伴う九州の内航海運のあり方並びに活性化策に関する調査研究報告書
2.熊本県下の主要港湾における海上輸送の整備に関する調査研究?中間報告?
3.「九州圏における海運の振興と近代化に関する研究」の報告書
4.海運振興関連施設
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から