日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

置を進めることが重要である。職場研修指導者の組織における位置づけの方法に関しては、地方公共団体の実情に応じて様々な形態がありえるが、例えば、係長級職員が職場研修の実質的な主体であることから、係長級職員及びこれを指導できる課長補佐級職員を職場研修指導者にすべく養成し(例、職場研修指導者研修で職場研修の進め方を教えること)、職場研修指導者を兼務させる等の方法が考えられる。以下、職場研修指導者の役割、心得、その選定と育成、職場研修の責任者の役割についてそのポイントを述べる。

 

1)職場研修指導者の役割

 

職場研修の責任者は、職場の長であるが、現実の推進者は、管理監督者、特に係長など第一線の監督職の職員が担当することが多い。この推進者、すなわち職場研修指導者がどのようなリーダーシップを発揮するかが、職場研修の成否を左右する。
したがって、職場の一人一人をよく観察・把握し、その職員の能力を引き出し、励まして、より高い目標へと向かわせることのできる人を職場研修指導者に選ぶことが重要である。もちろん、人柄や適性、人望といったことも考慮する必要はあるが、職場研修指導者としての役割を徹底的に実践する行動力を第一に重視するべきである。

 

2)職場研修指導者の心得

 

?@ 職員を指導する時間を惜しまない。自分が多忙であるからこそ部下を教育し、少しでも早く一人前にする必要がある
?A 職員の日々の行動をよく観察する
?B 職員との個別接触、対話の場を活用する

 

3)職調研修指導者の選定と育成

 

職場研修指導者の選定と育成に当たっては以下のポイントに留意しつつ、職場研修指導者と人事担当課が連携していくことが必要である。
?@ 新人教育の場合は、指導者と指導される人との年齢差があまり大きくない方が効果的
?A 職場研修指導者養成講座の事前実施

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
262位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
45,202

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.魅力ある農林業の担い手づくり
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から