日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

2インターネット導入の手続き
ここでは、これからインターネットを初めて利用しようと考える地方公共団体が参考となるように、インターネット導入の主な手続きについて、段階別に解説した。
なお、インターネットの接続形態や関連業者から提供されるサービス内容は変化が極めて早く、以下に示す記述内容についても陳腐化する可能性が極めて高い。従って、以下の記述は平成9年1月現在の内容であることを御理解頂き、実際の導入の際には各種インターネット関連雑誌の最新号やその他の文献等から価格体系やシステムカタログ等を参照されたい。
(1)パソコンによるインターネットヘのダイヤルアップIP接続
最も手軽にインターネットに接続する方法は、電話回線を通じてパソコンをインターネット接続端末とするパソコンによるダイヤルアップIP(Internet Protocol)接続である。この主な手順について、以下の三段階で解説した。
?@パソコン等の選択
かつて「インターネット」の知名度が低かった段階では、パソコンによるインターネット接続には煩雑な手続きと、パソコン内のソフトの煩雑な設定が必要であったが、最近発売されているパソコンは、既にダイヤルアップIP接続のためのソフトであるPPP(Point-to Point Protocol)が内蔵されているものが多い。
また、パソコン本体に加えて、モデム、TA等の装置が必要となる。
通常の電話回線を利用する場合には、モデムと呼ばれる装置(パソコン用であれば、現在は28.8kbps以上のものを選ぶこと。)をパソコン本体と電話回線に接続する。モデムには、外付けタイプのものと内蔵タイプ、カードタイプ(ノートパソコン対応型は内蔵型が多い)があり、パソコン出荷時に本体に既に内蔵されているモデルもある。
モデム接続より2〜4倍の大容量回線であるISDN回線を利用したインターネット接続をする場合には、TA(Terminal Adapter)及びDSU(Digital Service Unit)が必要となる。TAは、ISDNの利用で、DSU(回線接続装置)からのデジタル線にパソコンなどを接続するための装置である。TAについては、パソコン本体に内蔵する基板タイプのものと、外付けタイプのものがある。なお、TAはパソコンの種類によって接続可能なモデルが限定されるため、購入時には注意が必要である。
DSUについては、NTTなどから買い取るか、レンタルする形となる。買い取りの場合にはINSネット64サービスの場合、NTTの場合、23,900円、レンタルの場合には月1,700円である。ISDNそのものの利用料金については、付加サービスにより料金が異なるため、NTTに問い合わせるか、NTTが用意している以下のISDNホームページを参照されたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,945位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
2,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から