日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

第3節 セキュリティの確保

地方公共団体が全庁的にインターネットを活用することができる環境を整備するに当たっては、様々なセキュリティ対策を講じることが必要になる。
以下では、インターネットの全庁的な活用に当たって、セキュリティ対策に関して検討する必要がある主な事項を整理した。
(1)セキュリティ対策の方針
インターネットの活用に際して、インターネットとの接続方法によっては、ハッカーとかクラッカーとか呼ばれる者の不正な侵入の虞が生じる。
これに関連して、平成8年8月8日、通商産業省では、「コンピュータ不正アクセス対策基準」が策定された。この基準は、「インターネットのようなネットワークシステムの利用者、提供者の双方を対象」にして「対策項目を網羅したもの」である。
その中の「システム管理者基準」では、「システムセキュリティの対策の方針は、そのシステムの取り扱う情報の機密度、ユーザのモラルやスキルなどの特性、実際に想定されうるセキュリティ上の危機と損害額、対策に必要なコスト、システムの置かれた通信環境、システム構成などによって総合的に判断し、決定されるもので、システム毎に独自に決るもの」とされている。
地方公共団体がインターネットを活用する際のセキュリティ対策については、庁内LANとの接続に関する検討や利用環境の整備段階なども考慮して、総合的に判断することが必要になる。
また、行政の内部においては、事務処理の情報システムヘの依存度が一層高まっていることから、自治省の「地方公共団体におけるコンピュータ・セキュリティ対策基準」などを基に、セキュリティ対策を適切に講じていくことが必要である。
(2)システム整備によるセキュリティ対策
情報通信技術を利用した「システム整備によるセキュリティ確保」の代表的なシステムとしては、現在では主に次の三つがある。なお、セキュリティ関連の分野は技術の進歩が極めて早いため、技術関連情報については、常にウォッチして、情報を収集する必要がある。
(参考)
http://www.yahoo.com/Computer_and_Internet/Security_and_Encryption
http://www.yahoo.co.jp/Computer_and_Internet/Security_and_Encryption
?@ファイアウォール(Firewall、防火壁)
インターネットからアクセスできるサーバとアクセスを禁止するサーバを分離し、その境界にファイアウォールと呼ばれるアクセス制限管理システムを搭載し

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,917位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
2,212

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から