日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

第2章

地方自治体におけるインターネット活用の考え方

 

本章では、検討対象及び検討対象サービスを明らかにした上で、インターネットの活用形態及び活用の方向性をまとめるとともに、インターネットが深く社会に定着した段階での活用の将来像をまとめた。
(1)検討対象
現在、インターネットの利用者は急速な拡大を続けている。地域社会を牽引する20〜40歳代の層は、仕事や日常生活の中でのインターネット利用の機会が増え、比較的早くインターネットの利用が可能な層となり得ることが予想される。そして、現在、初等・中等・高等教育を受けている若年層も、授業の中に「パソコン操作」が取り入れられることが多くなり、インターネットの利用が可能な層となり得るであろう。
また、各通信事業者の光ファイバ網の整備に代表される、大容量通信インフラの整備が現在進行中である。NTTによるOCN、CATV会社による「CATV回線の通信利用」等の大容量通信回線が安価に利用できる環境が整備されつつある。
このように、今後地域社会において、インターネットの利用環境が整備され、インターネットの活用はますます活発化することが予想される。
一方、地方公共団体を取り巻く情報活用の動きを見てみると、住民の価値観、ライフスタイルの多様化等に伴い、地方公共団体から住民への情報(サービス)提供の形態や内容に関して、サービス提供の即時性の確保や、多くの媒体による情報提供の実施、分かりやすい形での情報の提供等、新たなニーズが高まってきている。さらに、地方公共団体と住民との関係を見てみると、地方公共団体に対して自分の意見を主張したい、自分の主張を施策に反映させたいという思いが強くなっている。
地域社会全体のインターネットの利用環境の進展に伴い、地方公共団体におけるインターネットの活用対象も広範囲に拡大していくと考えられる。しかし、上記のような地域住民の情報享受のニーズの変化やコミュニケーションに対するニーズの高まりを考慮すると、従来言われてきた地域外への情報発信より、地方公共団体としては、まずは地域住民をインターネット活用の対象とすることが効果的であると考え、本研究では地域住民を検討の中心とした。
(2)検討対象サービス
現在、主に利用されているインターネットのサービスとしては、次の4つが考えられる。
?@電子メール
文字データを中心としたインターネット上での手紙形式のコミュニケーション。送付する手紙データに、他の様々なデータを添付する機能も持っている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,945位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
2,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から