日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

ムページ制作ができるようなホームページ編集ツールと呼ばれるアプリケーションも開発されており、利用者層の拡大に寄与している。
さらにホームページを表示させるブラウザ(表示用アプリケーション)の開発基準及び動作環境等がオープンな規格であることから、Netscape Communication社のNetscape NavigatorやMicrosoft社のInternet Explorer等の安価、高機能のソフト開発と、幅広いユーザー層の利用が可能となり、広く普及している。
(5)分散型の管理
インターネットは主としてLANを相互につなぐネットワークであるから、インターネットの基礎になるのはLANである。そして、管理については、自らのLANの管理は自らが行う分散型の思想に基づいている。このため、インターネットの利用者は、一つの大きなネットワークを構成する一員であるという意識が必要になる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,945位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
2,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から