日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

3−2霞が関WANの運用開始とインターネットとの接続
中央省庁においては、平成9年1月6日から霞が関の中央省庁を結ぶ広域情報通信網「霞が関WAN」が、総務庁など10省庁を結び、本格運用を開始した。霞が関WANは、各省庁が独自に整備してきた省内LANが一元的に結ばれたWAN(Wide Area Network)であり、各省庁の行政情報が共有化されるとともに、霞が関WANとインターネットとの接続で、国民からのアクセスも可能となる。
霞が関WANは、政府の行政情報化推進基本計画を受けて、次に示す項目を主な目的としている。
◇行政情報の電子化・高度利用
◇行政情報の流通の円滑化・総合利用
◇情報提供サービスの高度化
◇行政手続きなどの迅速化・高度化
◇情報システムの高度化
当面は電子メールを中心とした文字情報の交換が主体であるが、運用開始に合わせ、霞が関WANとして独自のホームページも開設する予定となっている。さらに平成9年度には白書・年次報告書などが順次データベース化され、国会情報も各省庁へ電子情報として流れるようになる。
中央省庁職員におけるパソコン環境は、1.3人に1台(平成8年3月末現在)であり、霞が関WANによる情報の流通の円滑化と総合利用、さらには中央省庁の業務で使用される電話、ファクス等の通信費の削減が期待されている。
運用開始時に参加する省庁は、総務庁のほか、総理府、科学技術庁、沖縄開発庁、外務省、文部省、通商産業省、運輸省、郵政省、労働省の10省庁であるが、平成10年度中には22省庁を含む31機関が結ばれる予定である。利用機関の範囲としては、中央省庁ばかりでなく、地方公共団体、特殊法人、国会や裁判所などが今後の検討課題とされている。
運用主体は、総務庁所管の行政情報システム研究所で、第二種電気通信事業として行い、ネットワークオペレーションセンター(NOC)と各省庁間は、スター型に結ばれ、1年間を通じた24時間運用が考えられている。(出典:行政&ADP平成9年1月号)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,945位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
2,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から