日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

インターネットの有効活用の調査研究

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


 

表1-4 消費者と企業間電子商取引コンソーシアムの一覧

020-1.gif

出典 ECOMホームページ(http://www.ecom.or.jp/)

 

(3)CALS(Commerce At Light Speed)の定着
CALSとは、「あらゆる企業、企業内部門の間で、製品の設計・開発・製造・流通・サービスが、デジタルデータを用いて、共通のデータベースの下でリアルタイムに行えるネットワーキング、あるいはそのようなネットワーキングを推進する運動のことを指す(出典:日本能率協会マネジメントセンター「CALSがわかる本」)。」
当初は、米軍の兵器調達時に発生する書類の電子化、データ様式の共通化、結果として書類維持管理コストの削減を狙ったシステムで、Computer-Aided Logistics Supportと呼ばれていたが、冷戦の終了後、その適用範囲が軍需から商用利用に移行し、現在では民間企業間の共通データベースを介した情報流通という位置づけとなっている。
CALS以前に企業間の情報流通を標準化しようという動き:EDI(Electronic Data Interchange)が存在したが、EDIは主に特定業種・特定企業間ごとに策定されたため、汎用性に問題があった。また、CALSの概念のような共通のデータベースの下での通信ではなく、情報発信者と受信者の直接の通信であるために利用形態の拡がりにも限界が生じることから、CALSが注目されるようになった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,945位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
2,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
2.地震災害時における情報システム部門の対応策の調査研究−阪神・淡路大震災における課題と対応−
3.コンピュータシステムに関する教育研修
4.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
5.へき地住民の健康増進に関する研究等
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から