日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

14 逆直線データ

逆直線は、ANGLEやFLAT BAR等、型鋼の曲げ加工を、ベニヤ型やフィルム型に頼らず、寸法的に曲がり具合を表現し、素材にマーキングされた逆直線(カーブ)を、直線になるまで曲げて行く方法である。下図にTRUNS FRAME(ANGLE)の逆直線曲げ寸法の計測及び、マーキング例(手作業)を示す。

109-1.gif

ANGLEの形状をボディラインに描き込み、直線(逆直線)を引く。この直線を引く範囲は、型鋼の有効マーキング幅(マーキング作業が可能な範囲)に収まるように、配置しなければいけない。形状によっては一本では不足するので曲がりに応じて本数を増やす。この場合はつなぎの部分の精度を上げるために、500〜600?o重なり合う様にする。

次に、ANGLEの中性軸(伸縮の変化がない位置)を描き込み、ラインにそって250〜300?oピッチに分割点を設け、その点からラインに対し垂直線を引く。

この垂直線と、外板付面との交点P1と逆直線との交点P2の距離G1を求める。これを割り込みの数だけ繰り返し、逆直線毎にまとめる。部材の長さは中性軸でのガースを計測し、寸法表を作成する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
564位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
17,687

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から