日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

12 切欠き形状を含むフレーム形状データと開元角度データの作成方法

フレームの基本形状そのものは、ShipCAM上でステーション位置を設定するのみで簡単に得ることができますが、ここではロンジフレームの切欠き形状を含むフレーム形状の作成について説明します。

AutoCAD上で必要な複数の切欠き形状をポリラインで作成して、DXFデータ形式で出力・保存します。

各フレーム形状を面データより作成し、同じロンジフレーム上で同じ切欠き形状を持つフレーム別に、フレームマーキングデータを保存します。切欠き形状を作成したいフレームラインデータとフレームマーキングデータ及び切欠き形状データを読み込み、フレームの切欠き形状をフレームライン上に作成します。この作業を、各切欠き形状別に繰り返して、複数の違う種類の切欠き形状をフレームライン上に作成します。作成された切欠き形状を含むフレーム形状データは、DXFデータ形式で出力して、AutoCADで読み込み、一品図、現図データとして作成・出力します。

102-1.gif

 

12.1

12.1.1AutoCAD上で切欠き形状を作成します。

(1)AutoCADを立ち上げます。

(2)レイヤーを作成します。[SHAPE]、[HEIGHT]、[WIDTH]の3つのレイヤーを[データ]−[画層管理]メニューで作成して下さい。

(3)レイヤーの現在層を[SHAPE]にします。

(4)ポリラインで切欠き形状を作成します。複数の直線や円弧で切欠き形状を作成した場合は、[PEDIT(ポリライン編集)]コマンドを使用して、最終的には切欠き形状は1つのポリラインで作成して下さい。このとき、AutoCADでの原点が挿入基点になります。切欠き形状はYのマイナス方向に十分に伸ばして作成して下さい。

(5)レイヤーの現在層を[HEIGHT]にします。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
563位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
17,672

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から