日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

11 外板組立治具

外板組立治具は、外板をべースにブロック組する場合、曲面である外板の外側から、その形状を保持するための受け台(支柱)を言い、ブロック精度の安定を図るには、欠かせない設備である。大・中型船造船所では、専用の治具定盤に、固定又は取り外し式の治具材をたて、高精度のブロックを建造している。これは、定点治具と呼ばれ、一定の間隔(1000〜1500mmピッチ)で格子状に埋設された、アングル又はI型鋼に治具材(ユニバーサル治具等)を、垂直に固定させたものである。現図から出力された治具表を基に、治具材一本一本が、所定の高さに調節できる仕組みになっている。

097-1.gif

最近はNC化に伴い、小型船造船所でもこの方式を取り入れているが、手作業でこの定点治具表や定規を作成するには、かなり面倒な作業である。簡易的な方法としては、フレーム倣い治具(仮称)がある。これは外板の曲げ型を作成するのと同じ要領で、ボディラインから、ブロック全体の外板(外側)の形状を、2〜3フレーム毎にシームの位置や中間の寸法を計測し、表又は定規にまとめたものである。この方式は、治具材の位置が一定していないので、常に地割りマーキンをしなければいけないのと、治具材に倒れ角度がある場合が多く、ブロックの重量によっては不安定であり、精度上の問題も生じてくる。治具材はスクラップ材を使用することが多く、配材や加工に時間を要し、組立作業の手持ちも発生する。実績によると、定点治具はこの方式の、1/3〜1/4の時間ですむことが分かっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
563位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
17,672

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から