日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

7.5 バットライン・シームラインの作成方法

シーム、バットの配置作業は明らかに経験を要するものですが、作業の中身そのものはそれ程難しいものではありません。すでに述べたように基本船型さえ出来ていればディスプレイ上のボディプランあるいは展開図にシームライン、バットラインを一定のルールのもとに定義していけばよいのです。

AutoCAD上で2次元的(正面、側面、平面上)にバットライン・シームラインの線を作成して、それらの線をDXFデータ形式で出力して、ShipCAMに取り込んだ後、ShipCAM上でそれらの線を船体曲面に投影して船体曲面上にバットライン・シームラインを作成します。最後に、それらのバットライン・シームラインを使用して船体曲面を一枚一枚のパネルに切り分けます。

079-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
563位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
17,672

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から