日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

6 端部丸め処理

第1章でも述べたが、手作業(現尺現図)での丸め作業は、フェアリングの最終段階にも関わらず、一番やっかいな作業である。楕円をかけることが船型的に無理のないことはわかっていても、手作業で行うとなれば面倒である。

Autoshipシステムでは、楕円処理は、割と簡単にできる。どちらかと言えば正円をかける方が楕円に比べると手間が掛かる。

この章では、船首部(STEM・FASHTION)の丸め処理の基準となるR止まりの決め方について、手順・注意点を説明する。船尾については、応用できる部分もあるが、形状が一定でないので本書では割愛させていただく。

 

6.1

STEM BOX LINEでのフェアリングが完成したら、平・側・正面のライン情報を、AutoCAD(その他汎用CAD)に取り込み、R止まりの位置を決める。併せて1/10または1/20でプロッター作画したものを用意しておけば、検討するのに便利である。

R止まりの決め方には、次の2通りの方法がある。

?@WATER LINE(W.L)断面で決める方法

?Aノーマル断面で決める方法

一般的には?@?Aを併用しており、(図6.1)に示す様に、L.W.L.(満載喫水線)付近を境に上は?@、下は?Aの方法でいずれも、正円で処理されている。

065-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
564位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
17,687

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から