日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

現図システム運用マニュアル

 事業名 小型船造船所に適する省力化技術の調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

5.8 キールセンター、キールサイドラインの作成

キールサイドラインをまず作成します。

キールサイドラインの一部は、ボトムタンジェンシーラインと共有する部分がある為、ボトムタンジェンシーラインをコピーした後、共有部分以外を編集してキールサイドラインを作成します。

ボトムタンジェンシーラインを選択表示している状態で、メイン画面左側にあるツールボックス上段真ん中の[Clone(Shift-Copy)]ボタンを[Shift(シフト)]キーを押しながらクリックしてコピーします。[Name For Copy(新名称)]ダイアログボックスが現れますので、ここでキールサイドラインの名称をキー入力します。

コピーしてボトムタンジェンシーラインと同じキールサイドラインを作成したら、共有部分以外の部分の制御点の幅方向の値をキールの半幅に合わせ、高さ方向の値を0にします。これで、キールサイドラインが作成されました。

キールセンターラインは、キールサイドラインをコピーした後で、すべての制御点の幅方向の値を0にします。

これで、キールサイドラインと長さ方向と高さ方向に一致したキールセンターラインが作成されました。

後半部分も同じ様に作成します。

また、必要であれば、ブルワークトップライン、またはブルワークトップラインよりも上側に位置する仮想ブルワークトップラインを作成しておきます。

これで、面を作成する前の船型の基準となる線データの入力が終了しました。このように、異なる種類の面と面の境目の線(変局線)を作成しておき、その変局線を基準に平面や曲面を作成していくことで、より簡単に複雑な形状の構造物を作成することができます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
563位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
17,844

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「小型船造船所に適する省力化技術の調査研究」の報告書
2.工事完成写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から