日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アルミニウム合金船建造技術指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

 

表5.59 特設ビーム

223-1.gif

表5.60 甲板下縦桁

223-2.gif

表5.61 特設ビームを支持する縦桁

223-3.gif

5.5 船体縦曲げ強度

5.5.1 縦曲げモーメント

普通の造船学で教えられる船体強度で最も重要なものは船体縦強度である。一般の船舶では波のプロフィルに船体を重ねてみて、浮力と荷重とが釣り合う状態とし、そこに生ずる曲げモーメントを計算し、これに耐えるように船体各部の断面係数を決定する。小型の船の場合、船の長さに対し、船の幅、深さが比較的大きく、波高/波長比を1/20、あるいは1/10としても、局部強度の要求によって決定された船体断面において、ほとんど問題になるほどの応力を生じないのが普通である。
高速艇の場合は、以上のような静的縦強度の他に、スラミングによって生ずる大きな動的曲げを受ける。この波浪による曲げモーメントについては4.2船体の曲げの項に述べてある。この動的曲げモーメントは、先の静的曲げモーメントに比べてはるかに大であるが、それでも長さ20m台程度の縦肋骨構造船においては局部強度の要求を満足する場合、問題になることはほとんどない。しかし、横肋骨構造船では船底外板が凹損した場合の縦強度が不十分になる可能性があるし、さらに長い船では縦肋骨構造船でも、縦曲げ強度が支配的になる場合が出る。したがって、船体構造の設計に当たっては、各部材を局部強度の要求に従って設計し、最後にそれが縦曲げ強度を満足することを確認しなければならない。
縦曲げモーメントは、高速艇の耐波試験で得られた計測値から、船首衝撃加速度と最大曲げモーメントとの関係を統計的に求めてあるので、計画条件に相当する船首衝撃加速度に対応する曲げモーメントを使用する。
暫定基準では縦曲げモーメントを次のように定めている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
99位
(30,316成果物中)

成果物アクセス数
125,259

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年12月15日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.造船現図指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から