日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

次にこの平面図上の肋骨線が各ウォーターラインやチャインライン、甲板玄側線と交わる点を長さ定規にプロット(平面図の船体中心線からの距離)し、これを正面図の各ウォーターライン、チャインライン、甲板玄側線に移し、この点をバッテンで結べばこれが斜肋骨の外板外面を示す線となる。これに外板(木型の外板)の厚さを除去したものが実際の木型の肋骨線である。
斜肋骨のべベルは正面図に示された斜肋骨とウラズミの差が、木型肋骨の厚みに対するベベルである。

5 船首材の描き入れ及び型取り

描き入れの要点は正確な断面形状を求めることである。先ず側面における船首材前面線の切断位置に、接線となる線に直交する線を適当な間隔(300〜400mm)に入れ、その線が側面のフレームライン又はウォーターラインと交わる点から直角に引出した線(補助線)に各線に対応する幅をマークし、その線を結べばその位置の船首外面形状が得られる。おす型の場合は更に船首材の半巾、深さ等の線とラベットライン及び外板等の厚みとを記入すると切断面形状が得られる。
二重張り外板で二段ラベットの場合は、内張り板のラベット(インナーラベット)の点を決める必要があるこの位置はラベットとベアヂングラインの中間にするのが普通であるが、内外板の厚さに差があるときはその厚さに比例して適当に当たり面の幅を加減すると良い。
型板を作るにあたっては、図3.7に示すように各ウォーターライン及びチャインライン、甲板玄側線、ラベットライン、ベアジングライン、フレームライン等を記入する。なお加工の際の便を図るため、キールとの接合部におけるボルトの位置及びケズリ付の線も補足して記入すべきである。型板の材質、強弱によっては適当な補強材を入れるか狂いをチェックするための見透し線を打っておく必要がある。

6 チャインの描き方(おす型の場合)

現図としては各肋骨におけるチャインの正確な断面形状とその実長を求めてチャイン定規を製作すれば良い。
先ず正確な断面形状を求める船首部の平面曲りの甚だしい所になると、肋骨断面では実際の加工に際して角度を求めることが難かしく正確に行うことは不可能に近い。したがって切断線は切断位置におけるチャインラインの接線に直角となる線とすべきであるこのことは現場で加工する場合、自由金を当てて角度を取るとき、加工部材の長さ方向に対し直角に当てるからである。
切断要領は切断線に対し肋骨と同じ要領であるが、チャインラインを基準として、その附近の水線の幅の差を定規にマークしてボディプランに移し、その点を結べば割合正確な断面角度が得られるこの角度を手板に取り中央断面図に示される寸法により断面形状を描けばよい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
161,777

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から