日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

2.6.36略図に示すようになり、基線がシームに接近したり、はみ出したりする。
このとき基準Frより遠いFrでは転び(バックセット)がアヤシクなる以上に決まらなくなるそんなときは「6.1.4曲り外板タスキ展開」の図2.6.9で見たように、シームの中間に中線(M)を付加して展開の補助とする。
また近似測地線の基準点にマカネを掛けようにも、図2.6.36の上図のときは、Frの弧と弦の方向が異なったり、下図のように延長したFr位置になったりする。
こんなときも近似測地線が出せるように、Frの弦にマカネを掛けるのではなく、弧に掛ける方法が採用されることがある。図2.6.37はその道具の例である。

068-1.gif

図2.6.36

068-2.gif

図2.6.37

この方が合理的であるが、つぎつぎに追う基線点に作画誤差が累積しやすい。
基線(直線)展開法と測地線展開の使い分けについてであるが、そもそも基線展開法とは測地線展開と考える方が明確であるたまたま展開の基線点が見透し線上に一致して並んだ場合が、基線(直線)展開法となったにすぎない。
測地線を出す作業は、現尺床にナイフで彫込みながら作画を追う精密さを必要とするし、もともと粗いフェアリングの正面線図なら、かえって基線(直線)展開の方が精度が良いとも言える。
造船工場の施工標準に「見透線と測地線の最大シフト量が、5mm以下なら直線基線展開とする」というのを見たことがあるが、そう簡単に割切れるか、どうか。
推奨したいのは、各般別にシフト量の記録を取り、正面構造線図と外板拡張図の上に残すことである。そして加うるに撓鉄施工者の加工直後の感想を説き、また組立現場の板並べ板継ぎの実状を観察するようにしたい。一律な基準ではゆかないことが分るはずである。
6.3 切直し展開近似測地線展開を含む広義の基線法は、現図作業が簡明で、素材にマーキングする時に実展開を行えばよいので、できるだけ広範に適用したい。しかし図2.6.38に見るような船首尾部で

068-3.gif

図2.6.38

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
163,570

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から