日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

準Frより対象に振れば、近似測地線の点G(及びG’)が求まる。
これら3Frを持つ外板3枚を重ねて、元に戻そう(図2.6.33の上図)。GとG’が展開基線補正位置となる。
この原理での実際の近似測地線(Geodesic Line:G.L。)の求め方を図2.6.34に示す。
外板ほぼ中央に選んだ基準Frから振分けに、次のFrに基線点を通るマカネを掛けて、その次の基線点を求め、その次のFrはその前に求まった基線点をやはり押えてマカネを掛け、これを繰返してゆく。

067-1.gif

図2.6.34

この繰返しで求まってゆく基線点を連ねると、これが近似測地線である。
この展開基線補正法は、三田村利武氏により発表され、近年の現図書物には洩れなく方法の記載がある。
一見複雑な方法に思えるが、理屈が解れば簡単なものである。3Frごとの基線展開を、Frを重ねながら追ってゆくにすぎない。
外板展開範囲でFrスペースが変る所があれば、最初に説明した図2.6.32の三角形は合同にならず、相似となる。したがって、シフト量(S)を移すとき、比例按分が必要である。外板両端バット継手の所は、それを越えた次のFrまで基線点を追い、求めた近似測地線とバット線の交点を基準点とすればよい。
この近似測地線による展開の手順は、基線(直線)展開と同じで、相異点のみを簡略にして図2.6.35に示す。

067-2.gif

図2.6.35

基線(直線)展開の展開基線は、ここでは見透し線(Sight Line:S.L.)としての意味で残る。つまり基線(直線)展開の基線は展開基線と見透し線を兼ねていた、またはそれより、見透し線を展開基線にした、と解することができる。
近似測地線展開では展開基線と見透し線が分離し、
・展開基線=近似測地線(G.L.)
G.L.⇒正面で曲線/展開面で直線
・見透し線=基準Fr(弦)への垂線(S.L.)
S.L.⇒正面で直線/展開面で曲線となる。
正面でFr線にシームが斜交していて、基準Frと基線を立てる位置を工夫しても、展開が図

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
67位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
164,570

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から