日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

面で直線と置き、基準Frの展開の基本を説明したが、これを無理に広い範囲に拡張して適用するのが、世上一般に行われている基線展開法である。
図2.6.30にその要領を示す。

065-1.gif

図2.6.30

作業手順は:
?@正面にて各Fr線(長さ方向接手:バットもFr面と平行な面上にあれば、含む)の実長(ガース)を、基線位置も目盛りながら拾う。次に同じく正面で、シーム・基線のFr位置を目盛りながら「落ち」を拾い、Frスペース上にその「落ち」を印して、その点を長さ方向に連ねることで、それぞれの実長を得る。
基線実長を拾うとき、基準FrでのB.S.を目盛っておく。
?A展開は素材上で行う。
バット両端の幅と基準Fr幅で、展開が素材をはみ出さないように、基線価直を決め、直線に打つ。
基線直線上に基準FrとB.S.を押え、両端に向ってFr実長を写す。
基準Frに仮Fr線を立て、正Fr線を描いて、シームの基点が決まる。
あとはその基点から長さ実長をスタート、幅は基線上の位置を押えて、幅×長さ、幅×長さのように実長を追ってゆき、バット位置に至れば、展開の出来上りである。
正Fr線は仮Fr線のどちら側に膨らむか、基本を省みればすぐ分ることだが、簡単には図2.6.31のように憶えておくとよい。すなわち、正面の膨れた方向に、展開も膨れるのである図2.6.30の正面が船首側であれば、展開形状の右手が船首側である船尾側なら、この逆で右手が船尾側となる。

065-2.gif

図2.6.31

また、この展開手順から分るように、バックセット「転び」が正しいのは、基準Fr位置だけであり、その基準点から離れるほど、狂いが大きくなる展開幅そのものへの影響は少いが、Fr線形状は、3点でしか押えずその1点も不確かということであり、承知しておきたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
162,960

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から