日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

1.8 波浪による抵抗の増加

波浪による抵抗の増加は担当に著しいものであるが、未だ完全に解明されていない。波浪こよる抵抗増加は主に、波長、波高、船と波との出合い方向周期によるものが考えられている。

1.9 有効馬力

次式で定義されるEHPを有効馬力という。

089-1.gif

したがって、船のある速度における有効馬力を求めるということは、その速度における船の抵抗を求めるということである。
前にも述べたように、船の抵抗を計算する方法には、主として次の2つの方法がある。
(a) 水抵抗を粘性抵抗と造波抵抗に分ける。
(b) 水抵抗を摩擦抵抗と剰余抵抗に分ける。
他に全抵抗をまとめて推定する方法もあるが、精度がよくない。中小型船の有効馬力を求めるときは、(b)の方法で行なった方が、資料が豊富に利用できる。
次に、有効馬力を(b)の方法にしたがって求めてゆく手順を示す。
(1) 有効馬力を求めようとする船に最もよく似ている船型の剰余抵抗係数推定図表を選ぶ。
(2) 剰余抵抗係数推定図表から、所要の船の主要寸法比、フルネス係数等を用いて、いろいろな速度に対する剰余抵抗係数CRを読みとる。
(3) 剰余抵抗RR(kg)は、次式によって求められる。

089-2.gif

ただし、ρsは海水の密度
(4) 船の船体付加物を含んだ浸水表面積Sを排水量等曲線または、略算式を使って求める。
(5) 剰余抵抗係数CRを求めたときの船の速度について、摩擦抵抗係数CFを計算する。このとき、注意することは、使用した剰余抵抗推定図表の基礎となっている摩擦抵抗係数算式を使用しなければならない。
(6) 船型、外板の状況を考慮して、粗度修正係教△CFを推定する。

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
558,546

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から