日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船舶計算

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

第1章 排水量及び肥せき係数

1.1 排水量

物体を水中に浸すと、物体はその水面下の部分と同体積の水の重さに等しい浮力を、周囲の水から受ける。これを浮力の法則又はアルキメデスの法則という。
浮力は物体の水面下の体磧の中心を通り鉛直上方に作用する。この体積の中心を静心(Center of buoyancy、記号でCB.又はB)という。
物体が水中に没するにつれて浮力は増し、遂に浮力がその物体の重さに等しくなれば、物体は水に浮ぶようになる。水面に浮かぶ物体を浮体(Floating body)という。浮体が静止して拘束されることなく自由に浮かんでいるとき、浮体の重心と浮心とは同一鉛直線上に=あり、重力と浮力とはその大きさが等しくその方向は反対である。

005-1.gif

船舶はこの浮体の性質を利用したものであって、図1.1に示すように、水面下の水を排除した部分の体積▽を排水体積又は,水容積(Volume of displacement)といい、浮体の性質から次式の関係が成立つ。
W=γ▽(1.1)
ここで、
W:船の重量(t)または排水量△(t)
γ:水の単位体積当りの重量(比重量)、(t/?u)
▽:排水容積(?u)、(▽をナブラと読む)
船の重さWは排除した水の重さに等しいから、Wを排水量(Displacement)と呼び△(デルタ)で一般に表わされている。船のような大きな物体の重さは直接に秤にかけて計ることはてきないが、その排水体積は船の形から計算によって容易に求めることができる。従って、船の重さ、す

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
10位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
542,624

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から