日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


6.3.7 船首沈下

第6.9図のごとく船首部が船台後端にきても、完全に浮揚しない場合には、固定台後端圧力Rが作用しているから、後端を過ぎると船首が喫水をうる深さまで、点線のごとく沈下する。これを船首沈下(バウ、ドロッピング)という。船首沈下は少しあっても害はないが、瞬間的に喫水よりも深く沈下するので、船底を破損することもある。これに対する処置は船尾沈下に対する処置と同じである。

120-1.gif

6.3.8 潮高の影響

進水は一般には満潮を期して行われる。その理由を次にあげる。

○船尾浮揚を早く生じさせる。

○固定台後端圧力を低下させる。

○船尾沈下、船首沈下が起こるのを防ぐ。

○水中になる部分のレール、固定台が長くなる。

○水深が大となり、船体が海底に衝突する危険が少なくなる。

○船体が早く水中に入るから、進水速度が過大とならず、制動装置も少なくてよい。

進水の時間は満潮の15分位前になるように進水作業を進める。これは満潮の前後15分位は潮の流れが殆ど止るから、この間に進水から岸壁への係留までを完了させるのが望ましいからである。

時間の都合で満潮以外の潮高で進水させることもある。潮高曲線を描いて、支障なく進水可能な潮高を選んで時間を決める。潮高は気象条件により左右されるので、進水1〜2日前から潮高の予定曲線上に実績を記入してその傾向を握んで万全を期する必要がある。(第6.10図)

6.3.9 船台のキャンパー

船台またはレールは湾曲しているのが普通である。船台の長さの中央での、ふくらみの量をキャンバーという。200〜300mmが普通である。(第6.11図)進水計算に従って、レール、

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
1,121,278

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から