日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


この補助の平行線を引いたら、展開は、この平行線だけに着目して行えばよい。即ち円周の長さは、平面図から実長が読みとれるから、1直線上に、そのそれぞれの区分点の位置を記し、その上に、設定した平行線の長さだけを引き出す。このあとで、始めて、もとの円周の展開に考え方をもどし、それぞれの点を、滑らかに結ぶようにすることで、展開図形がもとめられる。

 この手法は、ホースパイプの展開に対して、そっくりそのまま使用できる。即ち、ホースパイプは、正面線図や平面図に対して斜めに配置されているが、これを、切り直して、第2.1図のような位置に見えるように、方向をまわしてから、この平行線法を使うのである。

 また、内構材のストリンガー等の展開に際しては、この手法にて、展開図形を得られることが多いはずである。

 

2.3.2 放射線法

 この方法は第2.2図のような場合に用いられるもので、円錐とか、角錐のようなものに対して、完全な展開が得られる。この場合も先の平行線法と同じく、円周上を適当に区分して、その位置から、中心点Aに、線を結んだら、展開の最中は、円錐台であるということは意識しないで、AとE1、またはAと2のごとき、線分にのみ着目し、この部分をそれぞれ展開することを考えて、最後にG1Mにて切った各線分の交点を滑らかにむすぶことにより、円錐台の展開図形を得るものである。

 この手法を、船体の部分に確実に適用することは、あまり見受けられないが、例えば、ステムやファッション・プレート等に、1部円錐台に使うようなことも近似解としては可能である。

 

2.3.3 三角形法

 この手法は、造船の現図場で、一番多く用いられているもので、殆ど大部分の展開はこの方法で行われている。即ち、現図場にある”実長尺”或いは”実長表”というのがこれである。第2.3図

によって、説明しよう。今a図に、立面図と平面図が与えられているときに、この中で、実長がそのまま読みとれるのは、どれかと考えるときに、ABCDの四周とabcdの四周である。ところが、この図形を展開するには、斜辺の長さAa、Ab、Bc等を知らねばならない。勿論Aaと<BAaを知っても展開図形は描けるが、一般に角度を求めることは、誤差がでやすく、それを展開図形に移すことも不正確になるので、”3辺の長さを知って、三角形を決める”手法が普通使われる。

 この場合はcの展開図形にあるようにABの実長の上にB点を中心としてBbの実長を半径とする円弧を描き、一方A点を中心としてAbを半径とする円弧を描いて交点をbの展開上の点とする。aの展開上の点は、bを中心としてabを半径とする円弧と、Aを中心としてAaの実長を半径とする円弧の交点として定まる。このようにすれば、実長さえわかれば、

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
1,117,722

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から