日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




(d)操縦空気圧力正常
制御空気圧力が低いと、各種切替弁の誤動作、ガバナに送る速度設定が不良などとなって正常運転ができない。油圧式リモコンの場合の油圧も同様である。

(e)主機トリップ条件解除
主機トリップ条件には(5)で述べるようなものがある。従って、これらが正常になっていないと機関に重大な損傷を与えるため、インターロックとなっている。


(2)起動インターロック

(a)逆転ハンドルとカム軸の方向が一致
オーダーと異なる方向に主機が回転するのを防ぐために、逆転ハンドルとカム軸の方向が一致していないと起動できない。

(b)主機トリップ条件解除
主機の危急停止(トリップ)条件が解除されていないと、遠隔で主機が起動できない。

(c)起動失敗時の再起動は3回以内
船橋操縦で、起動信号を出したにもかかわらず機関がエアーランをしない、エアーランはするが着火回転まで達せず燃料運転に切替わらない、燃料運転に切替わると機関が停止してしまう−などを起動失敗という。このような場合、通常3回目まで再起動できるようにシーケンスが組まれているが、これ以上失敗すると、起動空気がなくなる、始動装置に問題がある−などの理由から、リセットしなければ起動できないようになっている。

(d)ターニングギヤー脱
(1)の(b)と同じ理由である。


(3)逆転インターロック

(a)燃料軸“0”位置
ガバナーの燃料軸が“0”位置でないと、一旦主機を停止して逆転させにくい。

(b)逆転可能回転数以下
逆転可能回転数以下であることが必要で、(a)と(b)はいずれも逆転を確実に行わせるためのインターロックである。


(4)手動危急停止

通常、機側のほか、制御室、船橋の3カ所から主機の手動危急停止が行えるようになっている。

(5)自動危急停止





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
495,514

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から