日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




以上を十分確めた後作動立会いテストを実施する。

(10) 一般にボートウインチの手動ハンドルやリモコンスイッチ等の管理は十分気を使う。例えば手動ハンドルを差し込んだまま、モータスイッチを入れ手動ハンドルを飛すような事故が起きやすい。

(11) ダビットユニット
地上で2本のダビットとクレードルを一括ユニットとしてまとめ一気に搭載する方法。設備が許せばこうした方法が、精度、工数、工期、安全の面から有利である。



11.2 救命艇揚卸試験

格納状態の救命艇に操作員(2名)及び属具重量に相当する荷重を載せダビットを舷外に振り出す。船側との距離を計測記録する。次に規定重量までの荷重を艦内に均一に載せる。ボートウインチのブレーキをゆるめて降下させる。途中2〜3回ブレーキをかけ、それぞれの点から海面までの降下速度を計測する。各部に異常のないことを確めて艇を着水させ、離脱装置の解放を確認する。荷重を取去って振出し荷重に戻しボートウインチにより巻上げ収納する。ダビットに収納前にエンジンの始動チェックを行うことが多い。


246-1.gif



11.3 救命いかだ(含架台)の取付け

(1)架台の取付け位置をマーキングする。(投下方向の舷側線との離れを正確に)

(2)架台をマーキン位置に置き、要すればすそ切りをするが高さ付図B寸法を正確にする。

(3)板付け確認後水溶接する。

(4)救命いかだ本体を搭載する。

(a)破損しやすいので取扱いはていねいにする。

(b)船名等表示は見やすい方向とし、かっ本体(コンテナ)の水ぬきが真下になるように置く。

(c)架台に仮ローブで固練する。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
426,558

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から