日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




8.3.3 ユニットの組立手順

ユニット組立の代表例として、楠機ユニットについてその組立手順を述べると次のようになる。

(1) 補機会の位置決め

(2) 楠機の据付

(3) 管の取付

(4) バンドの取付

(5) 弁や金物の取付

(6) その他



8.4 船内配管


8.4.1 ニ重底内の配管

(1)吸引管

吸引管が吸引口がその区画に1つの場合はできるだけ船体中心に、2つの場合は両舷に離して、いづれも船尾側の位置に設置される。吸引口とタンク底の間隙は通常1/2D〜〜1/4Dとし、管の先端にはベルマウスを取付ける。(図8.4.1)


216-1.gif


(2)測深管

測深管はタンクの最深部に設置し、下部に保護フレート(パッド)を取付ける。また、測深管はできるだけ真直ぐに配管し、タンク頂板の裏側の位置に空気抜け孔をあける。

やむを得ず管を曲げる場合には、測深棒が入りやすいようにゆるやかに曲げること。(図8.4.2)


216-2.gif


(3)加熱管

(a)加熱管のフランジは特殊なものを除き10Kフランジを使用する。

(b)加熱管はボトムフレート上約150mmの高さに設置するのを標準とする。また、船殻部材との間隙は25mm以上とすること。(図8.4.3)


216-3.gif


(4)その他 二重底全般

(a)二重底内での現場溶接個所は管周囲の溶接が可能な場所を選ぶこと。溶接スペースは少なくとも400mmを必要とする。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
428,863

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から