日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




第20章 手摺装置及び天幕・おおい装置


20.1 手摺装置


20.1.1 手摺


「設」104条には、旅客船は高さ1m以上の舷培又は手摺を堅牢に取付けるよう義務づけている。その他の船では特に義務づけはないが、一般に舷墻のない舷側には、安全のため手摺を設ける。

倉口の両側に当る部分の舷側部、端艇を揚卸する部分の舷側部、舷梯の位置、小倉口の縁材の高さが低い場合等には、取外し式の手摺を設ける。

その外に階段、通路等所要部には、舷側手摺の式の外に、グラブ・レールを設ける。舷側手招に、防波幕を取付ける場合もある。

係船装口のある付近では、綱取を考慮して支柱の配置をしなければならない。

20.1.2 手櫂の高さと横棒



132-1.gif



20.2 天幕・あおい装置


20.2.1 天幕


天幕は、居住区上部の甲板上に設けて、その甲板を日照及び雨露から保証し、下の居住区の防熱の役割をする。

天幕は甲板上に、中央及び舷側に支柱を立て、中央に船体中心線に沿って棟木を設ける。これから両舷に向って、たる木を出し、舷側に鋼索を張り、これに天幕を展張する。

天幕は、排水をよくするため、船体中心部を高くし傾斜をつける。舷側の高さは約2m位がよい。天幕の取付けは、鳩目をローブでかがり付けて、取外しができるようにする。

支柱その他に銅管を用いる場合は、亜鉛メッキとし、鋼索には帆布を巻く。旅客船では、外観その他の関係で、軽合金、木、プラスチック等の固定枠を用いるものもある。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
429,208

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から