日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




鋼製の倉口蓋で便利なものが種々考案されているが、小型貨物船では、甲板面積が狭く、その釣合の関係もあって木製のものが多く使われている。

(2)鋼製倉口蓋

ポンツーン、シングルブル、フオルディンク、ローリング、シャッター式等があり、操作方法も種々ある。一般に木製倉口蓋にくらべて強度がすぐれ、倉ロビームが不用で、水密製も確実、開閉も容易で迅速である。したがって船としては安全であり、荷役の作業時間に無駄がなく極めて好都合である。


19.3.4 小型倉口蓋小型の倉口蓋は、主として大型船に設けることが多い。


(1)トリミングハッチカバー

船倉内に貨物をばら積みにした場合に、荷繰りのために出入口として設けるトリミングハッチの閉鎖装置である。カバーは木製又は鋼製である。


(2)ロープハッチカバー

甲板長倉庫の上部に、ローブ類の出し入れ、作業のための出入のために設けるハッチの閉鎖装置である。カバーは蝶番付とし、蝶番は船首側に取付ける。


(3)膨張トランクハッチカバー

タンク内に積載して水油面の確認、人の出入及び通気のためのハッチの閉鎖装置である。


(4)マンホールカバー

人が出入りするためのマンホール(人孔)の閉鎖装置で、一般に長円形鋼板で、パッキンを入れて植込みボルト締めとする。

マンホールを取付ける隔壁、甲板、囲壁の強度と、水密、気密、油密の性能に見合うものにしなければならない。

二重底、タンク等には手入用としてマンホールを設ける。

各種縁材及び閉鎖装置には最小板厚さについて規定があるので注意を要する。


19.4 練習問題


1.諸開口の縁材の高さについて述べよ。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
435,442

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から